司書独言(141)

2013.7月寄稿

○月○日 投票日だが遠出をしなくちゃならん用事があるので、いつもは7:00のコーヒーを5:00には終え、早々に出る事にして、でもその前に一寸新聞を広げると、「東電管理職に一時金10万円」なる記事があって、課長級以上の約5,000人に支給する、〆て5億円だと。呆れつつ投票して...結果は御存知の通り。原発反対が50%を越すのに、最稼働をすすめる政党が勝つ不思議??。

○月○日 勝ったと思ったとたんに気がゆるんだか、24日の朝刊に自民党の細田が原発を止めてしまうことは”とても堪え難い苦痛を将来の日本国民に与えると逆に思いますね”とBSフジの番組で発言したと出た。原発という制御出来ぬ代物を将来に残してはならぬする側との何たる違い。立場が異なるとは言え将来像のこれ程の違いが出る不思議。池澤夏樹は「原発とは緩慢に爆発する原爆である」と言うが、その原爆を残さないと、将来の国民が苦痛を覚えるとは、何たる論理だろうか。

○月○日 某紙で「イライラするカタカナ語は?」とのアンケートが行われ、上位5位が出た①コンピテンシー②インスタレーション③インキュベーション④コモディティー⑤ダイバーシティ。 私は英文科卒だがこの5つ、いずれも訳せぬ、というより分からぬ、もっとも②は北海道出の芸術家・川俣正が随分昔からやっているし、見た事もあり図録も持っているから、何を指すかは分かるが、やはり訳せぬ。

○月○日 これで思い出すのは、画期的な「新潮日本語漢字辞典」を作った小駒勝美の案。それは、「外来語は漢字で書け」と言うもの。小駒が例にするのは、シュミレーション=模擬体験、アイディンティティ=自己同一性、イノベーション=技術革新。漢字で書けばその言葉の意味がピンと来るというのが小駒の主張。私しゃ賛成だね。国語審議会なんてのも漢字制限ばかりしてないで、外来語の漢字化をせっせとしてもらいたいものだ。さしあたり、室蘭でもこの頃出て来た「コンソーシアム」、誰ぞピンとくる漢字にしてくれんかね。これ読んでピンと来ぬひとは小駒の「漢字は日本語である」(新潮社)を/¥680+税)を読んで下さい。因みに私は自分の文章では横文字は使わぬ努力をしている。

○月○日 「日本近代史」(ちくま新書)の歴史学者・坂野潤治は「格差の縮小が社会に活力をもたらす」と言い、それなのにその格差を拡大させたのが小泉政権だと指摘する。私はこれに小泉を支えたのは竹中平蔵だと加えたい。その竹中を論じた本がでた。日本経済新聞社の記者・佐々木実の「市場と権力」(講談社/¥1,900)竹中が自慢話にする郵政民営化なんてものはブッシュの意向に沿っただけのものと言う話しを初め色々出てくるが、結論は竹中がインチキ極まる男だということ。

○月○日 国民全体が貧困に喘いでいても自分が楽ならイイヤというのが竹中式だが、竹中がそんな男だとは顔を見りゃ分かる。最初からインチキだとそれこそピンと来た。人間を顔で判断してはいけぬとは世間の常識だし、昔は人間の顔を犯罪型とそうでにのに分ける犯罪学者、刑法学者のエセ学問があった事も承知の植えだが、顔で分かる場合もあるんではなかろうか。

○月○日 例えばオームの麻原。あの顔とあの声を聞いただけで私なら拒否反応を起こすね。どこがよくてあんなのに酔うのだろう。例えば国会で「この私が噓をつく顔に見えますか」と大見得切った中曽根。私には噓つく顔に見える。あの顔が噓付きと」言う顔でないとしたらどの顔が嘘つきなのか。「私が会った人の中で一番老獪=悪賢いのは中曽根」と言ったのは沖縄の太田昌秀知事だった筈。まあ中曽根が嘘つきだった事は今や瞭然たるものだけどね。まあ顔見ての直感にプラス学者の労作を読んでの知識があれば人物判断もそう間違わんだろう。

○月○日 大変な映画を観た。「ザ・ウォター・ウォー」=まあ訳せば水戦争か水争議か。2000年のボリビアを舞台とした実話。今や多国籍企業が水道事業に参入しているとは常識だが、それと戦う原住民の物語に、劇中劇として御存知例のコロンブスの収奪劇が重ねられて、という趣向。こういう骨太な作品を観ると、劇画を原作としたドタバタ、ホラー、暴力揃いの日本映画は何をやっているのかと思っちゃうね。「東ベルリンから来た女」も良かったなあ。

○月○日 6月末テキサスダラスに「ブッシュ図書館」が開館した。「ブッシュ氏は自由と民主主義を世界に広げた」なる趣旨のもと、諸々が展示されている由。あのパウエルでさえもが、イラクが大量破壊兵器を持っていると国連で演説した事を、自分の汚点とする、と告白しているのになあ。何考えてんだか。ブッシュは横田めぐみさんの両親に「めぐみの事は忘れない」と言ったが、今や、頭の片隅にもないだろうなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です