山下敏明さんのあんな本、こんな本

司書独言(144)

○月○日 「ふくろう文庫ミニ特別展」を図書館3Fで開催中。出しているのは福岡の大名黒田家が秘蔵していた「唐絵手鑑・筆耕園」。徽宗(きそう)から始まって孫隆(そんりゅう)まで全60枚の中国絵画を蒐め田もので,重要文化財指定と言う一品。中に夏珪(かけい)の「五位鷺」がある。醍醐天皇が神泉苑で遊んだ時に五位を与えた鷺なることが「平家物語」にあって、これが語源。因みに神泉苑は天皇の遊びのための禁園で,空海がここで雨乞いをした事で有名...てな事を取材の記者に話した翌日の朝刊に、「〜秋の夕暮れ。シラサギの大群に出会った。道も田圃も真っ白。壮観さに、”ワーッ、サギ”と叫ぶと、小2の孫娘が、”あれがオレ・オレってデンワすんの?”」なる御殿場の人の投書が出てた。時代だなあ。

○月○日 隣家のTさんが”自分の所には植えぬけれど、要りませんか”と言うので貰って植えておいたミツバアケビに、この間実がなっていた。5,6月に咲く花は濃い暗紫色で、まことに目立たない。次から次と蔓を延ばしてくるから、庭の手入れ専門の我妻さんは容赦なく切る。関知しないしない私の方は、いつの間にか忘れていたが、そんなところへ、秋田の耿子から「ザクロ」の甘煮が届いた。ジワーと甘みが出てくる噛みごたえがいい。いつも「ふくろう文庫」を手伝ってくれる幼馴染みの泰子にもお裾分けすると、「おいしい―ツ」と力を入れた感想が戻ってきた。すると又々そんな所へ、次の投書が出た「”ぼちぼちアケビの時期かなあー?と子供達と山道を散策。突然小5の長男がぼそっと” 叫びドクロやぶっそうやな”。叫び=アケビ 、ドクロ=ザクロ」。姫路の女性からだ。

○月○日 物騒と言えば、とんでもなく物騒な事が起きている。「秘密保護法案」を通そうとて「特定秘密指定基準」とか言うものが議論されないため、これを危険と見た論者達が、異口同音とまでは行かないが取り上げるのが、かつて澤地久枝が「密約」で描いた、沖縄で政府が演じた、つまりは「噓っ八」事件。これ先年、やはり「密約」があったと判明して、当時これを暴いて逆に罪人とされた毎日新聞の西山記者の冤罪が証明された。この時、「密約」を担当して噓をつき続けたアメリカ局長とかの吉野文六の言い草には呆れた。「西山さんは偉大だと思いますよ」と。人を無実の罪に追い込んでおいて、その真の犯人たる身が相手を偉いと褒めたとて褒められた方は喜ぶものだろうか。

○月○日 この「密約」を小説にしたのが先日死去した山崎豊子で「運命の人」がそれ。これ、映画になってないかとビデオ屋に行ったら、テレビ作品で全6巻と分かったが、全部貸し出し中だった。ビデオと言えば「レーン・宮沢事件」なるドキュメンタリー映画がある由。これ戦時中、北大の学生・宮沢弘幸がカラフト旅行の土産話を北大教師のレーン夫妻にした所、軍機保護法違反となって懲役15年とされたもの。先頃本にもなったこの事件、私は先先月登別での「イブリ連合老人会」で講演を頼まれた時、「皆さん、今は呑気に杖ついてウォーキングと洒落てますが、昔は散歩の時は両手に野草を摘んで食糧の足しにせよ、と言われ、また登山しても、あそこが貯水池、あの建物は図書館などとやったら、宮沢と同じ法律で引っ張られたんですよ。今はいい世の中です」と話したが、皆さんどうもピンとこない感じだった。

○月○日 ビデオと言えば、これまた2016年に米大統領選に出馬しそうなヒラリー・クリントンの半生を描くドキュメンタリー映画やドラマの製作が諸々の圧力で中止になった由。さもありなん。ヒラリー役にはダイアン・レインが決まっていたそうな。ヒラリーと言えば、オサマ・ビンラディンを捕殺した時、シチュエーション・ルームなる部屋で、同時映像を観ながら「口に手を当てる」姿が有名だが、「国際法違反すれすれと言える他国領内での軍事作戦が”危機一発の英雄的決断”だったという感情を見たものに共有させようとの狙いで」オバマが公開したのだということを、NHKディレクターの高木徹がかいている。オバマも呆れるね。

○月○日 先月号でベラルーシのルカシェンコ大統領が、公共の場での拍手を禁止する法を制定し、片手のない人まで誤認逮捕したという馬鹿話を書いたが、そのあとこの大統領がノーベル賞のパロディとして有名なイグ・ノーベル賞を受賞したことを知った。

さて、朝晩ストーブを付ける時期になって、もう直ぐ冬だなと思った所で、一茶の「屁較べが、又始まるぞ冬籠り」を思い出した炬燵を囲んだ情景だなと思いつつ、屁を禁止している国を思い出した。アフリカ南東部マラウイなる国。チャポンダ法相の「屁は空気を汚す軽犯罪」なる発想で法制化。高浜虚子は人前で放屁して平然としていたそうだが、一茶も、虚子もこのマラウイ国では無事では済むまいて。私は根が上品だから、屁一発とて、ちゃんと厠に行く。

○月○日 知らずにいたが7月中旬、エスター・ウイリアムズが死んでいた。「水着の女王」の女優、と言うよりも平泳ぎとクロールの全米チャンピオン。ジェット・コースターみたいな水路を立ったまま滑ってくる水着姿は本当によかったなあ。

 

Leave a Reply