司書独言176

⚪︎月⚪︎日 ローマ法王が今のフランシスコに変わってから感心させられることが続く。例えばカトリックでは認められていない女性聖職者復活の検討委委員会設立、例えば教会での神父による児童の性的虐待を犯罪と認め、バチカン法を改めて世界各地の司祭800余人を免職した事、して又、1915年頃第1次ッ世界大戦中に、現在のトルコを含むオスマン帝国で起きた、およそ150万人のアルメニア人虐殺を「20世紀最初のジェンサイド(集団虐殺)」として断罪したことetc.

⚪︎月⚪︎日 この事件をテーマにした映画「消えた声が、その名を叫ぶ」を観た。トルコ南東の町の鍛冶屋のアルメニア人、ナザレットはキリスト教徒だが、突然憲兵隊に拉致され、強制労働させられた上、首を切られる。全員死亡中,只一人蘇生したものの喉を切られているので声が出ない。この男が家族を探してトルコを出て、南米をさまよいアメリカへ達するまでの壮絶な旅の有様を描いたもの。途中キューバの街中で上映されていたチャップリンの無声映画「キッド」を声なきこの男が笑う。笑は人間を救うのだ。思えば「薔薇の名前」もアリストテレスの「笑いについて」の論文が隠蔽された事に起因する悲劇だった。難民問題多発の今、見るべき一作に違いない。

⚪︎月⚪︎日 トランプもどうもならん男だが、対するヒラリーも褒めた人物ではないぞ。旦那のビルが大統領を止めた後、講演活動に入ったが、その講演料が1回一千万円と聞いて、開いた口がふさがらなかったが、これで驚いてはいられない。スエーデンの電信大手エリクソン社がビルに講演料を八千万円払ったと。どうしてか?ーといったあたり(無論利権だが)を解説したノンフィクション「クリントン・キャッシュ」が出たので注文した。

⚪︎月⚪︎日 私が定義するにポケモンとは、発明した馬鹿、売った馬鹿、買った馬鹿、で三馬鹿の揃い踏みだが、北大がそのポケモンのキャンパス侵入を断ると販売会社に伝えたとの記事が出た。流石北大と思っていたら,遂に失望させられる事をしてくれた。それは大学などを軍事研究に呼び込むための研究委託制度に北大が応募して旧帝大から初めて選ばれた事。「軍事への寄与を目的とする研究を行わない」とする大学が増えて、この委託制度への応募総数は昨年の半分に急減している現状にもかかわらず、この北大の態度はなげかわしいね。ノーベル賞の益川先生も「科学者は戦争に協力してはダメ」と言っているではないか。先の戦争でスパイ冤罪「宮澤ノレーン事件」を起こした北大は何も学習していないのか。

⚪︎月⚪︎日 国立天文台も軍事研究を禁止、医学医療関係者らも、過去の「731部隊」の研究を名目とした残虐行為の反省から軍学共同の動きを危惧する声明を出し、etc。という時期に北大は何を考えてんのか。ポケモン防ぐより軍事研究を防ぐのが先ではないのか。

⚪︎月⚪︎日 原爆の日の記事を読んでいたら、「⚪︎⚪︎東洋一」なる名前の人がいた。これ明らかに15年戦争時、日本がいわゆる「八紘一宇」を唱えていた時のな残りの名だ。私の知り合いの名はもっと露骨で「東洋勝」。また大学時代に通った風呂屋の娘が「かちこ」と言うのでどんな字と訊くと「捷子」だった。両人とも我が名ながら嫌な名だと言ってたが、必勝祈願とは言えこんな妙な名を付けられた方は参るね。こんな名が付けられるような時が再び来ぬよう、それこそ祈念する。

⚪︎月⚪︎日 私の父は色白の肌が敏感で、真夏には風呂上がりによく天瓜粉、黄カラスウリの根からとれる澱粉だ。シッカロールの方は、「乾かす」の意味のラテン語「シッカチオ」と英語の「ロール=役割」を足した言葉だと最近知って、随分学のある命名だと感心したら、発明者が東大小児科の弘田長なる博士と分かって納得した。

⚪︎月⚪︎日 天使のような可愛い声を出す、隣家の三歳児の所に来た友達が、「俺はいじめられて泣くようなヤワじゃないんだ」と言った途端、転んだかして「ワーン」と来たには思わず笑った。このあと新聞に、三歳の息子が「お前なんか心臓マッサージで殺してやっからな」と言ったとの投書があり、父親のコメントに「これだと生き返るのでは?」には笑った。世の中平和だ。いつもこうありたい。

⚪︎月⚪︎日 去年の毎日芸術賞短歌部門の受賞者は若山牧水研究家の伊藤一彦。中学3年の頃、吉田絃二郎と牧水が好きだったなあ、と感慨にふけってたら、8月初旬、中之条町の牧水の銅像を、生活苦で盗んだ男が出た。白鳥も悲しかろう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です