山下敏明さんのあんな本、こんな本

司書独言(183)

2017.3月寄稿

◯月◯日 漸く春めいた感じのする日もある今頃を「鷹化(たかか)して鳩となる」と表現すると中国の古書にある由。春の穏やかな陽気が猛々しい鷹をも柔和な鳩に変えてしまうと言うことか。仲々詩的な諺だ。

諺と言えば、これは正しく「窮鼠猫を噛む」だなと思えたのが森友学園の籠池発言「首相から100万園の寄付を受けた」。この諺、追い詰められた鼠(弱者)が逆に猫(強者)に噛み付く事。籠池が弱者かどうかは分からぬが、この事態をこの諺に譬えても間違いなかろう。

◯月◯日 100万円渡した?昭恵夫人は、さる所での講演で「最近なんで私がこんなに注目されるのかが分からない」と言った由。これトボケでないとすれば頭悪いのか?。小学校の頃、頭悪いのをノータリンと言い、また北海道方言でオタンコナスとかオタンチンと言ったなあと思い出し、来合わせた20代女性に言ってみたら、3語全部初耳だという。それで「北海道方言辞典」を見たら無し、、、、それで「新明解」を見ると、ノータリンは無かったがあとの2つは出てた。方言じゃなかったんだ。これで思い出したのは確か漱石が使った「オタンチンパレオロガス」。瀬戸内寂聴は以前、昭恵夫人を「賢くなかったわね」とバッサリ切ってたな。

◯月◯日 隣家のキリッとした美形女子小学3年と、先日玄関先で交わした会話で、学芸会で「笠地蔵」だか「おこり地蔵」だかの地蔵役をやったと聞いて、しっかりしたこの子なら適役だと、何だか嬉しくなったが、去年の12月には福島県内で119体の地蔵が破壊される事件があった。地蔵さんは三途の河を渡って地獄まで来て、我々を救ってくれる存在だといううに、それを壊すなぞ恐ろしいことをするものだ。とここまで書いて外を見たら好天。そうだ、墓参りに行ってこよう。と行ったら墓はまだ雪に埋もれていて、強風で寒いこと〜。天気はまだ鷹のままだった。これ3月2日。

◯月◯日 「ふくろう文庫ワンコイン美術講座」も回を重ねて、来る3月25日には第54回「森鴎外と美術」をやる。原田直次郎なる画家を取り上げるが、この人、私が最初に買った鴎外全集にあった写真では”不明”となっていた人物、それはともかく我々のワンコインは¥500円だが、今ワンコイン・ランチなる言葉があって、それは¥500円でなくて¥100で、それを食べているのは出版業界の「取次」で働く非正規の人だ言うから驚く。出版業界の売り上げが1996年のピークで2兆6千億だったのが、今や1兆円も落ちての皺寄せだという。売れるからとてヘイト本ばかりを出すようんなことをやっているから、本への信頼がどんどん薄れる。自業自得と言いたいが「文化」を考えると、そうも突き放していられない。司書としては「本」への興味を沸き立たせる努力をしなくちゃな。それにしても¥100円の食事とは何かと思ったらカップ麺だと。

◯月◯日 ロッキード事件が起きたのは1976年だ。航空機売り込みで、田中角栄他が工作資金を受け取ったのが賄賂として有罪になった事件だ。このロッキード社が1965年、ドイツでも事件を起こしていたのを、ドイツ映画「スターファイター」で知った。この名の戦闘機をドイツが900機買ったはいいが、ナントナントその中の200機弱が墜落して、「未亡人製造機」と呼ばれた程。文書を隠し、原因不明と逃げる政府・軍部を相手に、未亡人一人が立ち上がり、巨額の賠償金を勝ち取った実話。小佐野と組んだ田中を「天才」と持ち上げ駄本を出したくせに、今はひらがなを忘れたと言い張る老醜の石原。墜ちたもんだ。今トランプにかわせられそうなF35も欠陥だらけの由。阿部・稲田ご両人に試乗を勧めたいね!。

◯月◯日 1997年に道警のおとり捜査で挙銃と実弾所持で掴まり、懲役2年をくらったロシア人が3月初旬,再審で無罪になった。覚せい剤事件で逮捕された元警部がおとり捜査を証言したからだ。映画「日本で一番悪い奴ら」を観、原作も読んだのが2月。やらせ捜査の主を演じるのが綾野剛。この事件は有名だから説明せぬが、映画評の中に「とんでも無いことをしているのに、どこまでも純粋で色気と人間味あふれる、綾野剛演じる諸星に心がときめいてしまった」とするのがあったが、悪徳警官に心ときめくーなんて馬鹿なことをこくでない。大分昔、岩見沢の婦人警官がヤクザに誑し込まれて娼婦になっていた事件があったが、この批評子、これにも色気と人間味溢れるとて心ときめくか!。

◯月◯日 籠池夫人は挨拶をしないからとて、他人様の子供を殴っておいて「躾」だという。私も中・高の部活の野球部で、指導だとて結構ビンタンされた。それで思い出したのが丸谷才一。丸谷はプロ野球で指導と称して鉄挙を振るうコーチに「じゃ外国人選手も殴ってみろよ」と返した。そこでトンデモオバハンに質問。貴方は通りがかりの失礼な男児が金髪碧眼白晳、例えばトランプの息子でも教育勅語にのっとって、殴ることが出来るのか??と。

◯月◯日 来る4月28日(金20;00まで)29日(土18:00まで)、中島町モルエA棟にて春の「ふくろう文庫特別展」を開く。出品するのは私が受賞した「まち・ひと活力大賞」の副賞で買えた、高山寺蔵の国宝全49米余の「華厳宗祖師絵伝ー義湘絵」他遥々京都の高山寺迄行くことを考えたら、中嶋町はぐんと近いと思うよ!!

 

Leave a Reply