第399(ひまわりNO216)「リンゴの唄の真実」と「ニルスの不思議な旅と日本人」

2019.6.19寄稿

先日温泉の帰りに我妻さんんがカーラジオを入れると、童謡の話をしている。途中からだから一話終えると次となって、一通の手紙を読み始めた。介護施設に入っているという85歳のお婆さんからの手紙だ。 続きを読む 第399(ひまわりNO216)「リンゴの唄の真実」と「ニルスの不思議な旅と日本人」

第398回(ひまわりno215)AI時代を予見したチャペック。藤田嗣治の消せない過去

2019.5.26寄稿

私は英文科出身だが、大学での最初のテキストはチェコの作家、カレル・チャペックの「イギリスだより」だった。1924年5月から7月の2ヶ月間、ロンドンのペンクラブ大会に招かれた時の見聞録記だ。この辛口の旅行記は、これからその国の文学について学ぼうとする者には、その国土と国民性を理解するために非常に有益な案内書だった。 続きを読む 第398回(ひまわりno215)AI時代を予見したチャペック。藤田嗣治の消せない過去

第397回(ひまわりno214)クラッシックファンを楽しませる本の紹介

2019.4.寄稿

安倍だ,麻生だ、萩生田だ・・・と毎日毎日気が滅入るような話ばかりで、精神衛生上誠によろしくないが,世の中はもちろんこんな低劣な馬鹿ばかりで成り立っている訳ではないから,読んで心が晴れるような文化的なニュースも気をつけていると結構目に付く。 続きを読む 第397回(ひまわりno214)クラッシックファンを楽しませる本の紹介

第396回(ひまわりno213)「ヘイト本の増加、自由を奪うNG社会

2019.3.15寄稿

東京新聞の望月衣塑子記者は昨年、室蘭で講演した。「すごい元気な人で・・・」と聞きに行った黒光ひさ市議は、その元気な様子を身振り手振りで私に教えてくれた。 続きを読む 第396回(ひまわりno213)「ヘイト本の増加、自由を奪うNG社会

第395回(ひまわりNO212)「日本の宝が売られる」「贋作者ハン・ファン・メーヘレン」

2019.2.10寄稿

「食いたいだけ食って、飲みたいだけ飲んで、糖尿病になって病院に入っているやつの医療費は俺たちが払っている。公平ではない。無性に腹が立つ」「タラタラ飲んで食べて何もしない人の分の金を何で私が払うんだ。だから、努力して健康を保った人には何かしてくれるとか、そういう動機付けないといけない。」 続きを読む 第395回(ひまわりNO212)「日本の宝が売られる」「贋作者ハン・ファン・メーヘレン」