第271回 菊の花の由来

これを書いている今日は3月12日水曜日、今朝白鳥大橋を渡って来た時の気温(10時一寸過ぎ)は+5℃、風速は4m…でまあ寒くはない。先週はもうちょいと冬めいていた…が、その或る日、「ふくろう文庫」のことで来客中のの所に、質問があるとて別に来た人がいて、その質問とは「菊」についてである。「菊」は日本在来のものか、いつ頃からあるのかetc…と言った所で、私は即答出来る種類のものでなし、「ふくろう文庫」の方の用事は片付いていないしで、帰宅して調べてみますからと、一旦引き取ってもらった。その晩、晩酌を終えてから書庫から出して来た何冊かの本の中から「答え」を見つけて、翌日知らせたが…今回は、まあちょいっと季節外れの話題であるけれども、事の序でだから「菊」の話をしよう。

続きを読む 第271回 菊の花の由来

第270回 音楽は人を善になしうるか-善き人のためのソナタ-

マルセル・ライヒ=ラニッキはポーランド生まれのユダヤ人でドイツの『フランクフルター・アルゲマイネ』なる新聞の文芸デスクを勤めた人。現代ドイツ随一の批評家と評される人だが、①「わがユダヤ・ドイツ・ポーランド」だ。その中にバイオリニスト・メニュインに関する発言がある。長いけど必要だから全文引く。メニュイン70歳の誕生日の祝いの席で述べられたものだ。

続きを読む 第270回 音楽は人を善になしうるか-善き人のためのソナタ-

第269回 岸田劉生展

昨2007年6月9日(土)〜7月29日(日)迄「北海道立函館美術館」で、「画家・岸田劉生の軌跡—油彩画・装丁画・水彩画などを中心にー」展が開かれた。ポスターの謳い文句は「駆け抜けた38年」。「とってもいいですよ」と、これをみこれを観た苫小牧の墨谷さんから感動の知らせが来たが、私は折悪しく風邪を引いていて、諦めざるを得なかったーと覚悟していたら、明日で終わりと言う日に元気が出て、勇躍行って来た。

続きを読む 第269回 岸田劉生展

第228回 中村芳中と扇絵

先達て、北海道開拓記念館の学芸員Mさんが調査で来館した。調査が終わって、何やかんやの話の中で、「松浦武四郎-時代と人々-展」の話が出た。その中で、今回の展示物の中には,富岡鉄斎のものもある、と言うので、オヤヤ!と驚いた私は急いで鉄鎖作のある物を見せた。これについては後で書く。

続きを読む 第228回 中村芳中と扇絵

第127回 精神鑑定の事件史

1997年、アメリカ、オハイオ州で、連続強姦事件の容疑者としてビリー・ミリガンという青年が逮捕された。しかし彼には犯行の記憶がまったくなかった。実は彼の内部には、ビリー本人を含め、何と24もの人格が存在していたのだ。性格だけでなく、知能、年齢、国籍、性別さえ異なると称するこれらの人格たち。彼らはなぜ生まれたのか〜

上の文章は、ダニエル・キイスが、多重人格という驚異の世界を描いた傑作ノンフィクション(?)、「24人のビリー・ミリガン」(上下)早川書房、’92年の刊行時の紹介文です。普段、全く本を読まない大学院生のI嬢が、珍しくしかも熱心にすすめるので、私も読みましたが、私にはこの話が信じられませんでした。 続きを読む 第127回 精神鑑定の事件史