山下敏明さんのあんな本、こんな本

Archive for the ‘司書独言’ Category

司書独言 (107)  複製美術館

2010.07月寄稿 ○月○日  今年の3月、ローマで「カラバッジョ没後400年記念展」が開かれた。カラバッジョ(1573-1610)は、言葉遊びをするわけではないが、カラバッジョに生まれたヴィットーレなる画家の事で、生 […]

Continue Reading...

司書独言(110)

`10.10月寄稿 ○月○日 過ぐる9月3日夜、プリンスホテルで拙著「本の話・続」の出版記念祝賀会が開かれた。軽妙極まる司会役の田村博文さんに促されて,私は謝辞を述べたが,その中で,子供の頃の出来事を2.3語った。

Continue Reading...

司書独言(119)

2011.8.寄稿 ○月○日 お中元でメロンが届いて、これが美味しい。もう一切れ、と思いつつ自制するのは、メロンで死んだ人を思い出したからだ。それは15世紀神聖ローマ帝国皇帝だったフリードリッヒ三世、放っておくと際限なく […]

Continue Reading...

司書独言(120)

2011.10月寄稿 ○月○日「神さまんすう、神さまんすう、なしておれあ どこを見捨てやりあしたれ?」。これ気仙語で,標準語に直すと、「私の神よ、なぜわたしをお見捨てになるのか?」となる由。

Continue Reading...

司書独言(121)

2011.11月寄稿 ○月○日 11月18日から20日迄の3日間、「第1回ふくろう文庫特別展inモルエ中島」をやった。最終日には駐車場が満車になる程で、「ふくろうの会」の広報担当の妙女が掃除の人に「いつもコンナに混んでん […]

Continue Reading...