司書独言(102)

`10.3月

○月○日 月日の経つのは早いもので、もう昨年になってしまったが、11月に苫小牧の「ふくろうの森の会」の人達と20数人で「札幌ハリスト正教会」の山下りんのイコンと道立美術館の「ジョルジュ・ルオー展」と芸術の森の「山本正道展」を観て定山渓一泊、とまあ大人の修学旅行に出かけたときのこと.芸術の森の有島武郎旧邸を過ぎて一寸行った所で、向こうからエライ美人が長い筒を持って来るのに出会った。筒と言うのは、製図する人やポスターを作る人がよく作品を入れて持ち歩く太く長い筒のことだ。この美人を見た途端、隣を歩いていた田村博文さんが私をみて、「これぞ“つつもたせ”ですね」と囁いた。「本当・本当!!」と私も受けてお互い笑った.と言うのは二人共同時に「筒+美人」で「筒もたせ=美人局」を連想したからだ。美人局とは「夫ある女が夫となれ合いで他の男と姦通し、姦夫から金銭などをゆすり取ること」(広辞苑)だが、何故に「美人局」なる字を当てるのか?と美術館の入り口迄田村さんと話あったことだった。この字の起こりについては諸説あるので、そのうちゆっくり「本の話」にでも書いてみよう。

そういえば昨年だったか、大阪の地下鉄で痴漢だと騒がれて捕まった50歳代男がいたが、結局は嘘で、大学生が恋人の年上の女に言い含めて痴漢と騒ぎ立てさせ、男をゆすったと分かって無罪になった事件があったが、これも形を変えた「美人局』だと言えるのではなかろうか。オソロシイ。

○月○日 文化出版局が出している季刊誌「銀花」が2月27日発売の161号で休刊になった。工芸や食文化など人間の手仕事に焦点を当ててきた、中々文化度の高い雑誌だったが残念だ。私は創刊号から定期購読者だった.今「人間の手仕事に〜」と書いたが、その「手仕事」をテーマとした特集号で、私が10年余も苫小牧は沼の端小学校で続けている「蔵書票」作りのことが評価されて、同行の児童達と共に同志に8ページにわたって紹介されたことがあって、これは思いがけぬ事と、この仕事を支え続けてくれている同校の地域連携授業の推進役の墨谷真澄さんや、当時の石川校長らと喜んだものだった。同誌では又、私の「本の話」も取り上げてくれて、最近「ユリイカの本」を出した装丁作家の田中栞さんが、はるばる取材に来てくれたことも嬉しいことだった。

○月○日 東京六本木の「森ビル美術館」で「医学と芸術」展が開かれて、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた解剖図がナント3枚も出ていると評判になっている、との記事を読みながら思うことは、一昨年の丸井での「ふくろう文庫展」では復刻版とは言え原寸大・現色の上記3枚を含む解剖図が30枚近くも並んだんだぜと言うこと。

これ、イギリスはウインザー城にある物で門外不出とて、女王の許可を得てから、6カ国の学者が同城の馬小屋に集り、数部限定でかろうじて複写したものだ。「ふくろう文庫」はこの全200枚のセットを持つ身だから、「たかが3枚で驚かないで、一度はふくろう文庫に来てみたら」と言いたくなるが止めておこう。

○月○日 おくればせながら、DVDでレスリー・チャンやらコン・リーが出る「さらば、わが愛〜覇王別姫(はおうべっき)」を観た。覇王とは劉邦(りゅうほう)と戦って敗北した楚の項羽のことで、又別姫とは項羽の愛した虞美人(ぐびじん)追いつめられて城に立てこもった項羽の耳に、ナント包囲している劉邦の漢軍側から、項羽の故郷たる楚の歌が聞こえて来る.自分が頼りにしている楚の兵士達が既に漢に降っていた訳で、これ即ち「四面楚歌」なる言葉の発祥の場面。それを映画では劇中劇として“京劇”でやる。これも大いに興味があったが、驚いたのは京劇の役者の育成の仕方。殆ど拷問に近い体罰に次ぐ体罰で、鍛えるは、鍛えるは。角兵衛獅子の子ども達や瞽女(ごぜ)修行も厳しかったろうが、とてものこと、この京劇の厳しさの比ではなかろう。さすが文化大革命をやる中国!!と妙に納得かつ感心(?)させられた。

○月○日 「ふくろう文庫ワンコイン美術講座」で明治のイコン(聖像画)画家・山下りんを取り上げ、そのあと札幌は福住にある札幌ハリスト正教会にある「りん」作品27点を観る修学旅行をしてきた話は、既に知らせた所だが、2月に入って同教会のホームページに、我々の見学の記事が出た。その記事はー「室蘭市立図書館もと館長・山下敏明氏が主催する読書の会「ふくろうの会」で山下りんを取り上げて後援会が催された。苫小牧でも催され篠永神父ご夫妻も聴講されました.11月14日には中型観光バスでやく20人の方が札幌教会に見学に来られた。参加された皆さんは事前に山下先生から山下りんについて、講義を受けていたので、松平神父から山下りんの入信に関わる過程簡単な説明を受けた。そのあと自由にやく時間にわたって見学.多数の質問を受け、正教会のイコン、建物、聖歌について、理解を深めた』(松平記)。如上の文章のあとに、苫小牧勢と室蘭勢の見学中の写真が載っている。

○月○日 さて、「ふくろう会」では4月には函館への修学旅行を実施する.①は函館・船見町の高竜寺所蔵、蠣崎波響作「釈迦涅槃図」.②はガンガン寺の山下りんイコン③は道立美術館④は松前資料館の波響作品.⑤は「湯の川温泉」一泊。出来たら七飯の「木村捷司美術館」にも寄りたい。画で心を豊かにし。温泉で身体を解放しーとこの盛り沢山の旅、目下田村博文さんがスケジュールつくりに打ち込んでいる。期して待つべし。(山下敏明)


司書独言(103)

`10.4月号

○月○日 去年だったか、いやその前か?寺の増築だか改築だかの費用の分担金を払わぬ檀家に腹を立てて,そんな輩のお骨を預かっておく訳にはいかぬとて、宅急便で骨壺ごと檀家に送り付けた坊さんが、ナント室蘭にいたとの記事が「道新=北海道新聞」に大きく出て、仰天したことがあったが、今年の3月に入って、3億円の保険に入った翌日、自分で自分の寺に放火したと言う坊主が、埼玉は、小川町に出現した。この寺、2006年にも庫裏(くり)が燃えて、この坊主5千万円の保険金を受け取ったと言うから、つまりは味をしめた訳だ。

○月○日 朝日新聞に掲載されていた「差別をこえて」に、「竹田の子守歌」の事が出ていて、その元歌に「〜寺の坊さん/根性悪い/守り子いなして(=追っ払って)/門しめる/どしたい/こりゃ/きこえるか」なる歌詞があった。「どしたい〜」の意味は「どうや、聞こえたか」だと。いずこの坊さんも皆が皆して根性悪い訳ではだろうが、「お骨返(?)送」と「自寺放火」の2人は、根性悪しと言ってもいいだろうな。だけどこの2人無事往生できるのだろうか?まあ、よく知らぬが、「善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人おや」(だったか)の法然(だったか)の言葉もあるから、神道の家の子たる私が心配することはないがね。

○月○日 私が室蘭民報に20年越し連載している「本の話」で、カナダの先住民イロクォイ族の事を書いた、エドマンド・ウイルソンの本について語ったことがあるが、このCanadaとは1530年フランス人カルチェの2回目の調査の時に、同行のイロクォイ・インディアンがカナタ(=イロクォイ語で「小屋の集落」の意味)へ案内したことからついた名だ。して又、Vancouverとは、1792年にキャプテン・クックの乗組員だったジョージ・バンクーバーが探検したことから付いた名だ。私はこの私はこのバンクーバーの探検記又は航海記とも言うべき3冊本を持っていて、オリンピック期間中に何らかの紹介をしようと思っていたが、時期を逸してしまった。まあそのうち別な形で触れる機会もくるだろう。

○月○日 地名の連想で言うと、昨年10月初旬に大地震を起こした南太平洋諸島のサモアの意味は、saが場所を示す言葉で、moaはモア鳥のことで、つまり「モア鳥の島」。絶滅した鳥については、堀正一の「謎の巨鳥モア1 」(築地書館/1975刊)なる、ものすごく面白い本がある。それによると、モアは何種類もいて、その中で最大級のモアは、研究者オーウェンが組み立ててみた骨格から推察するに、おおよそ高さ4.2mあったそうな、これもそのうち「あんな本・こんな本』で紹介してみようかな。

絶滅と言えば、モーリシャス島に七面鳥より大きなドードーなる太っちょ鳥もいたな.記憶に間違いなければドードーってのは、ポルトガル語で「馬鹿もん」の意味だった筈。まあ北海道弁で言えば、「たくらんけ鳥」か。因みにモーリシャスなる名は1598年にオランダが無人島だったこの島を占拠した時、記念に時のオランダ皇太子マウリティウスの名をつけたのが、その後、フランス統治と変わってフランス語訛となった所だ。

○月○日 新聞に「論語」がブームだと出て、その理由は「迷える時代だからこそ」だそうだ。4歳の子供も連れて母親も参加とある、例に出しているある塾の素読を教える先生と言うのが、呆れたことに陽明学社・安岡正篤の孫だと言う女性。ナニが陽明学者だ!!。この男85歳の時に45歳の細木数子に「結婚誓約書』を書かされたタクランケだぞ。糖尿病だった安岡は家では酒を飲ましてもらえない.細木は言う「家じゃ飲ましてもらってないようだから、私が好きなだけ飲ましてル.お酒で“殺した”のよ」と。この悪女に手もなくたらしこまれたタクランケは保守派の指導者と言われて、彼を囲んで政治家たちが、論語を聞いていた訳だから、日本の前途もおぼつかなくなるのは当り前だろうて。まあ暇な人は「細木数子・魔女の履歴書」(溝口敦、講談社α文庫)(あんな本〜256.265回で紹介)を読んでごらんなさい.と言う訳でタクランヶ爺さんと孫とは何の関係もないけれど八つ当たりと言われるのを承知で言うが、このタクランケから一応は衣鉢を継いでいるのであろう孫からは陽明学なぞ習いたくないね。

○月○日 加賀乙彦の「悪魔のささやき2

(集英社新書)を読んでいたら、「同志よ!つきすすむ/大きなスターリンの星にみちびかれて〜」なる語が出ていて、これ一説には6千万人を殺したとされるスターリンが死んだ1954年野間宏が書いたものだそうな。あの「真空地帯」の野間がか?と目を疑うがドモナラン。最近もドナルド・キーンが戦中の作家の日記を調べた本に、伊藤整が大東亜戦争で頭に血がのぼったような事を書いている事が暴露されているがー、イヤハヤ、イヤハヤ知識人なるもの、いつの世になったらシャキットするのだろう。(山下敏明)



  1. 堀正一.謎の巨鳥モア.築地書館(1975) []
  2. 加賀乙彦,悪魔のささやき.集英社新書(2006) []