第389回(ひまわりno205)東洋陶磁美術館、 南蛮美術、「否定と肯定」

2018.7.16寄稿

昨年春、建築家の西方君夫婦らと奈良、京都、大阪の美術館巡りをした。西方君の仕事仲間で、大阪に事務所を構える天野さんの車で動いたので,迷うことなく、すこぶる効率よく、6、7館も見る事ができた。 続きを読む 第389回(ひまわりno205)東洋陶磁美術館、 南蛮美術、「否定と肯定」

第388回(ひまわりno204) ターナー、セザンヌとゾラ、奇形全書

2018.6.16寄稿

アイルランド生まれで、アメリカに帰化したフランク•ハリス(1856〜1931)と言う作家がいる。ロンドンで最初新聞記者として働いたので、当時のいわゆる「世紀末」の作家達と仲間だったことを利して、彼らの私生活を暴露するのを得意とした。一方、自分の私生活を描いた「わが生涯と愛人たち」も書いたが、これは赤裸々な性愛描写がが災いして発禁になったがアメリカでは公刊され、これが妙訳ながら「フランク・ハリスの日記」として日本でも出た。早速買って読んだが、中でも今でも覚えている一つが、「ターナーの死後、春画スケッチが2,000枚余りも出てきた」と言う意の一文だ。「へえー、ターナーがね」と驚いたが、画家は自分の画技上達のために春画を描く、つまり「女性の恍惚の表情がうまく描けぬでは画家とは言えぬ」なる説もあって、日本でも文化勲章受賞の画家たちがほとんど、あの美人画の上村松園にも春画があると知っているから、まあターナーが描いたとて、別段奇なることではない。

ところで、そのジョセフ•マロード•ウイリアム・ターナー(1775〜1851)はその光の独特な処理法でフランスの印象派に影響を与えた。我が国でも早く、夏目漱石が「坊ちゃん」の中で例の赤シャツと野だいこの「ターナー知ったかぶり」を書いているが、野だいこが言う「ターナーの松の下にマドンナを立たせよう」なる発言、つまり「松とマドンナ」の並列は西洋美術史上珍しいことで、これはターナーの描いた「バチカン宮殿」に画中画としてラファエロのマドンナ像とターナーの松があることを漱石が知っていたからでは?と美術史家の高階秀爾は言う。

それはともあれ、目下東京の損保ジャパン日本興亜美術館で「ターナー風景の詩」展が開催中.1984年にはターナーの海辺の風景画が23億6千万円で競り落とされ、これはその時点で絵画競売史上の最高額だった。我妻さんは観に行こうと言うが、当節新幹線も飛行機もおっかないからOKは出さず、代わりに書庫からジャック・リンゼーの本を出して来たら、中に大学時代の同級生、治子の「ターナー作ドーバー海峡」の絵葉書がはさんであった「今ジョン・メーシーの世界文学史物語を読んでいる」などと書いてある.1985年6月7日の日付だ、懐かしい.半年程前ターナー主人公の伝記映画も出た。床屋の息子のターナーが」傍若無人に上流階級に踏み込んでいく。面白かった。

「ターナー生涯と芸術1

ダニエル・トンプソン監督の「セザンヌと過ごした時間」を観た。画家ポール・セザンヌと共に、の相手は作家のエミール・ゾラ。この二人南仏の小都市エクス=アン=プロバンスのブルボン中学で同級生だった。映画の中でイタリア人だといじめられるゾラをセザンヌがかばう場面があるが、ゾラは今問題の移民、難民ではなくて、父親はパドヴァ大学出身の数学博士で軍人ののち民間の技師となって鉄道工事他に従事した人だ。私はゾラが大好きでほとんどの作品を読んできた。ゾラはパリに出てアシェット書店で勤めながら、小説家として頭角を現していく。一方セザンヌは画家たらんと欲するも、展覧会には落選続きで一向に芽が出ない。その落選ぶりたるや、保守的なサロン展に出展して落ちた連中、つまりは印象派の連中の作品を展示した「落選展」にも落ちるありさま。此処に至って、成功者ゾラはバルザックの「人間喜劇」全100巻にも比すべきルーゴン・マカール叢書を書く。これ、ルーゴン家とマーカル家が婚姻で結ばれた結果生まれてくる幾多の人間が、互いに人生の種々相を展開するという一大人生絵巻。中に「制作」なる作品があって、これ制作に行き詰った画家が自殺する話。世人はこの画家のモデルは失敗続きのセザンヌだと言い、セザンヌ自身もそう信じた。ゾラとセザンヌの友情はこれを持って決裂する。この決裂説を唱えたのは美術史家のジョン・リュウオルドで私も森光二郎訳・青磁社・1943年刊の「セザンヌ」で知った。今も本棚にある。この映画もこの説に立っている。しかし、これはリュウオルドのこじつけで、二人は決裂していないとするのが、日本の新関公子。私は2000年5月9日付け「本の話」NO.291でこの問題を取り上げたが、この映画中々面白いので、改めて此処にこの本を出す。貴方はどちらの説をとるか?

「セザンヌとゾラ2

ドキュメンタリーの「ヒエロニスム・ボス」DVDになったので観た。ボスの「快楽の園」を解析する作品だ。ボッシュまたはボス(1450年頃〜1516)はオランダ、フランドル派の画家。奇怪な空想と鋭い写真が結びついた特異な画風で知られる。(と「大辞泉」にある。)これ昔、プラド美術館で見た。「快楽の園は」何を描いているのか私には説明できない画集を見てくれとしか言いようがない。あるいは画集を見つつ、中野孝次の「『快楽の園』を追われて』を読むと理解の助けになるかもしれない、としか言えない。それほど訳の分からぬ絵なのだ。

「快楽の園を読む3

先ずロシアの映画監督アンドレイ・タルコフスキーの「人は傑作に感動すると、自らの声に耳を傾ける。その心の声こそが芸術家を動かす真実なのだ」とのコメントが出る。なるほど。(タルコフスキーの映画は昔、日曜日になると札幌似通って観た。イコン画家アンドレイ・ルブリョフなど全部見たが今は措く)次に現代美術家、中国の蔡国強(ツアイ・グオンチャン)のコメントが出る。「東洋人にとって絵画とは物語を紡いでいく文字の代わりとなるもの。例をを挙げるなら、中国の”清明上河図”」オッ!!これ「ふくろう文庫」に4種あって4月21日、22日とモルエで展示したばかりだ。この言葉はいいヒントになる.あの絵を見ると確かに観る人は心の中で各自の物語を紡ぎ始める。そうか!!ボスの絵もそうやって観ればいいのか。それにありがたいことに神原正明のボス解説の本もある。

素晴らしい出来のミュージカル「グレイテスト・ショーマン」を観た。社会から疎外されていた人達=フリークを舞台に登場させて、世の偏見を跳ね返し、彼らの居場所を作った興行師バーナムの実話だ。フリークは「異形のもの」その総まとめ本として「奇形全書4 」を出す。表紙はボスの絵だ。W・ヘルツオークの「小人の饗宴」もトット・ブラウニングの「フリークス」もDVDになっている。「フリークスを撮った男、トット・ブラウニング伝」(水声社)、レスリー・フィードラーの「フリークス」(青土社)ヤン・ボンデソンの「陳列棚のフリークス」(青土社)etc.もある。読み、かつ観て、人間の多様性を知ることで寛容な人間になりたいものだ。


  1. ジャック・リンゼー高儀進訳.ターナー生涯と芸術.講談社(1984) []
  2. 新関公子.セザンヌとゾラ.ブリュッケ(2000) []
  3. 神原正明.快楽の園を読む.河出書房新社(2000) []
  4. マルタン・モネステェ.奇形全書.原書房(1999) []