司書独言(185)

○月○日 私は新聞に今まで出会ったことのない苗字が出ると切り抜くことを常としているが、最近の収穫は,①石水(いしみず)。我が国華厳宗再興の主・明恵上人が住んだ二間の草庵を「石水亭」と言うが、それを偲ばせる苗字だ。登別温泉の「石水亭」は我が「ふくろう文庫」を支援してくれる野口秀夫社長率いる野口観光の本拠地なことは、室蘭の人ならご存知の事。② 黒飛(くろとび)。何やら猿飛佐助が暗闇に潜んでいるような面白い苗字。いわれを知りたいものだ。 ③ 肉倉(ししくら)。肉置(ししおき)は肉づきで、肉置豊か、とか肉置たくましきとか使うが、この苗字、いかにも食うには困らぬと言った裕福な感じだ。 

○月○日 大分昔だが、室蘭港内に発電のために風車が立つ事になって、野鳥愛好家達からハヤブサが危ないと反対論が出た時、室工大の建築卒業で市役所にいた下澤君から私に電話が来て、野鳥vs風車の文献が欲しいと言う。私は山階鳥類研究所にいた知り合いに連絡して、確か英国での資料を取り寄せた事がある。ところが今年の1月末、NPO法人「バードリサーチ」が風力発電の風車の羽根に野鳥がぶつかる「バードストライク」は、餌につられた「よそ見」が原因の可能性があるらしいという観察結果を発表した。根室市と小平町でオジロワシを観察したことからの結論らしい。なるほど!!。これ、ハヤブサにも該当するのだろうか。

○月○日 切り抜きを整理していたら、バレリーナの森下洋子が、バレエを上演出来る劇場が全国的に減っていく現状を嘆いて、都市の顔でもあり文化の殿堂でもある劇場を欠いては、豊かな市民生活は成立せずと指摘する記事が出て来た。日時も行き先も忘れたが、昔飛行機を降りる段になって機内通路を歩いていた時、一寸脇見をして列が止まっているのに気付かずに、前の女性の踵を踏むと言うか蹴るような形になってしまった。私より背が低く痩せたその女性が怒りの形相で振り向いたのを見ると、なんと森下洋子で、私は平謝りに謝った。これ書いて今になってあの時怪我させて彼女が再起不能なんてことになってたら、とゾッとしている。

○月○日 集合住宅で火事があり、焼け跡から焼死体発見といったニュースが続いている。私は昭和28年の年末だったか「天勝」の裏の店から出荷して浜町の一画がぺろりと焼けた時の恐怖を覚えているので、火には殊更用心していて、今もストーブの背中の壁には富岡鉄斎描く所の、身をくねらした竜が上の方から「火用慎」なる文字を吐き出している縦30cm余り、横14cm余りの絵を額に入れて飾っている。これ、昔京都国立博物館で入手したもの。今の所ご利益は確かだ。

○月○日 4月末「明恵上人樹上坐禅像」他高山寺諸宝のレプリカを、モルエ10周年に協賛の形で展示したが、年寄りに混じって20歳前かと思うくらい娘(こ)が、スマホとやらで「明恵」を写していいかと言う。こんな若い娘がナンデ明恵を知っているのかと不思議で訊いてみると、ナント「明恵」が主人公の「京騒」と題する長巻のアニメ?劇画?があるというには驚いた。世界の若者がアニメの諸作を通じて日本に憧れると言う事が一寸理解できたような気がした。「鳥獣人物戯画」もスマホで写しながら、友達に電話して「とにかくおいで、早くおいで」と言っている娘もいた。嬉しいね!

○月○日 国民学校生徒の時に歌わされた、出だしだけ覚えている歌に「見よ 東海の 空明けて 旭日(きょくじつ)高く輝けば 天地の正気 溌剌と 希望は躍る大八洲〜」がある。日本三軍歌の一つとされる「愛国行進曲」だ。ところで、アジアサッカー連盟は5月初旬、JI川崎に対し、連盟主催の大会ホーム1試合を無観客試合とし、罰金170万円を科すと発表した。理由はJI川崎のサポーターが韓国での試合の際に、「旭日旗」を掲げた事。旭日旗は旗の中央に日の丸を描き、周辺へ放射状に何本もの赤い線を引いた旗だが、これ国籍や政治的主張に関する差別的象徴で、倫理規制に反する物だからだ。尤もな処分だが、この手の事件を見ているとサッカー関係に多いようだが、何故なんだろう。ナチスの格好して注意されたアイドルグループ同様、歴史的知識が足りんという事だろう。因みに先の歌は昭和13年の甲子園でも歌われた歌だ。

○月○日 4月号の「あんな本〜」で「英語化は愚民化」なる本を紹介したが、お茶の水大学の名誉教授で作家の藤原正彦も「日本の中で英語を公用語にすれば、企業は潰れる」が持論で経団連が英語を国民全体が話せないと国際競争に負けるなどと言うのにも、英語と交際競争は関係なしとし、英語が得意な人ばかりを企業が採用するようになると、人材が限定されてしまい、価値観が偏ると反対する。ところで、先頃「新宿御苑の入場券発件係の71際の男性が、英語が不得手なため外国人客とのトラブルを恐れ、入場料を取らずに券を渡したのが発覚して首になったという。可哀想に!!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です