司書独言(201)

◯月◯日 11月初旬、英国のBBCが「史上最高の国語映画ベスト100」を発表した。世界各国の映画評論家の投票になるもので、1位は黒沢明の「七人の侍」。

それで久し振りに観てみようとゲオ行ったら、検索してくれたはいいが「置いてません」と。

◯月◯日/これ、市直営の図書館と指定管理者による図書館との違いを明示している。つまりゲオもツタヤも、いわゆる古典映画を資料として保存する「フィルム・ライブラリー」ではないから新しいDVD、それも売れ筋のものしか置かなくていい。広瀬すずの「ちはやふる」が10本20本と入っていても資料の意味を持つ古典は置かない。営業の論理として当然だ。同じ理屈で営業をも兼ねる指定管理者の図書館にして見れば利用度数の少ない古典は置く意味を持たない。そこで現にC市の業者は、漱石、鴎外を棚から外した。その上,空いた場所で自社のノベルティッグズ売り始める。これ企業が自社の名前や商品名などを入れたもの。釧路、苫小牧、恵庭が既にこれを始めている。これ,ほめた話ではないと思うがね。

◯月◯日/今伝わっってきた話では、12月に開館する中島の「きらん」の図書館では、5冊借りた(読んだ?)子に景品としてガッチャを呉れるそうだ。ガッチャとはツタヤやゲオの入り口にあるアレかと思うが、景品で子供を釣るとは如何なものか。読書への誘いになるならば手段選ばずでは本末転倒だ。景品欲しさに読むのではなく、ただ借りるだけの子どもも増えるだろう。開館時のイベント用の景品だとしても、好ましい話ではない。

◯月◯日/ 昨年度の日本漫画家協会優秀賞を受賞したのは武田一義の「ペリリュー-楽園のゲルニカ」だ。太平洋戦争中、南洋諸島のパラオでは日本兵1万人が米軍と戦い、略々全滅したその激戦を描いたもの。このパラオでの戦争に巻き込まれた民間人が国を相手に謝罪と賠償を求める「南洋戦」訴訟の控訴審も10月に始まった。

◯月◯日/ ところが、そのパラオでサンゴ礁を保護するために日焼け止めクリームの販売を禁止することが決まった。なんでも観光客が使う紫外線吸収剤にサンゴ他の海洋生物に有害な化学物質が含まれているからだという。かつての激戦地が平和なリゾート(行楽地、保養地)になったはいいが今度はこのザマ。人間のやることには碌なことがないね。

◯月◯日/ トランプの中間選挙とやらが終わったが一番呆れたのは俳優兼監督のクリントン・イーストウッドがトランプの側に立った事。今まで数々の佳作で彼が主張してきた事と、人種差別主義者のトランプの主張とは矛盾しないのか。全く不可解。年取ってマカロニウエスタンの頃の馬鹿タレントに戻っちゃったのか。

◯月◯日/ 日本が韓国を植民地としていた時代に強制労働させられた人達が新日鐵住金に損害賠償を要求している。この問題について地元の研究家はどんな考えを示すのだろうかと思っていたら、上野志郎、松原剛両氏共、長い研究に裏打ちされた事実に基づく思考の結果真っ当で誠実極まる感想を述べていて、心底感じ入った。(道新10/31参照)

◯月◯日/ この強制労働の問題、どう考えるかは各自の責任だが、それでも、新聞を読むのも本を読むのも、ましてや資料を読むなぞ面倒臭いことは嫌いと言う人に、参考のために是非共観て欲しい映画がある.1995神山征二郎監督の「三たびの海峡」がそれ。強制連行された韓国人の半生を綴る骨太の物語だ。九州の炭鉱で強制労働させられた老人が、地獄の日々を送った土地で自分をいじめた労務長が、今は市長に成り上がっているのを知り〜と言う話。老人役の三国連太郎はこれで日本アカデミー男優賞を得た。これ又実に真っ当な映画だ。

◯月◯日/ 強制労働とは質が違うが、今外国人労働者の受け入れ拡大の問題が出ている外国人技能実習生が多数失踪しているからだ。これで又質は違うが室工大での出来事を思い出した。

スペインからきた留学生の連れ合いと言うか恋人と言うかのドイツ系の女性がいたこの女性を中島の某店がバイトとして使ったがややしてこのカップルが私のところに相談に来て言うに「日本人のバイトと賃金が違うようだ」と。聞いて調べてみると話は本当で、日本人の1/3位の日給だと分かって怒って止めた。大柄で客に人気もあったと言うからまともに使ってみれば店にもよかったろうに、どうせわからぬだろう位の気持ちで、店側はズルを決め込んでいた訳だ。室工大でも対中国の留学生に何度も差別事件を起こしているが、それはいずれ語ろう。

◯月◯日/ 早く観たいものだと思っていた韓国映画「タクシー運転手」がDVDになったので借りてきた。これ以前伊達と室蘭で上映会があったが私は見そびれた。これ「光州事件」を扱ったもので実話だ。「光州事件」とは1980年5月18日から〜27日にかけて光州市で起きた民衆の反政府蜂起に対して政府指揮者による軍隊がデモ参加者20万人はおろか市民をも暴徒とみなして銃弾をあびせ、200人を超える死者と数千人の負傷者を出した事件。

◯月◯日/ 映画は男手一つで一人娘の子育てに躍起のタクシー運転手が、ひょんな事から「光州事件」を取材に来たドイツ人記者を客にした事から、次第にこの政治オンチの運転手が、光州の悲劇を我が身のものと感得していく姿を描く。運転手に扮するのは「弁護人」「密偵」と名作に立て続けて出演している名優のソン・ガンホ。名作だ。今のムンジェイン大統領もこの事件で拘束された一人だ。

○月○日/ 序でに言うと...今語った「光州事件」は韓国現代史上最大の民衆弾圧事件だが、もう一つ「光州学生独立運動」なるものがある。これ韓国で「3大独立運動」と称されるものの一つ.1929年3月10日、日本人の男子学生が朝鮮人の女子学生をからかったのを朝鮮人男子学生が止めに入ったことから起きた暴動がきっかけとなって広がった事件。11月3日、この抗日闘争の式典が光州市で行われた。因みにあと2つは1919年の「三・一独立運動」26年の「六・一〇万歳運動」。忘れるところだったが、「タクシー運転手」を見たらもう一点「光州5・18韓国国歌の隠した真実」も観るべし。

○月○日/ 韓国の男性7人の音楽グループ「BTS(防弾少年団)」なる存在を私は全く知らなかったが、そのグループが原爆投下の場面をあしらったTシャツを着たことを避難された。このグループ、前にはナチスの模様が入った帽子を冠ってグラビア撮影に応じ、これ又避難をあびたそうな。11月に入ると今度は日米野球に出ている米大リーグ選手ヘクター・ベラスケス投手なる男が、広島の平和公園の風景に「Atomic Bonb]=(原爆)の文字と爆弾のイラストを自分のインスタグラムとやらに投稿し、これまた謝罪した。

○月○日/ 嫌韓・嫌中、嫌ユダヤと並んでこれら同類の事件の原因は、月並みながら無知にある。原爆が如何なるものか、ユダヤ人虐殺が何なのか、等々知らないから、あるいは間違った知識を持つから想像することも、正しく判断することも出来ず、の結果がこれなのだ。ネットのみで知識を得ようとすることの危うさ、気張りもっと真ともな本を読んでもらわねばならぬがハテサテ!!

○月○日/ 11月20日朝刊を開いたら、「日産ゴーン会長逮捕」とある。漸くかと言う感じで私は驚かなかった。と言うのは、ゴーンが日産に来て首切りを始めた時、私はこの欄で「首切りで会社を立て直すのは誰でも出来る」と書いた。ゴーンは人の首を切っておいて、安部がよく使う「自分も身を切る改革」をやるかと思いきや、安部同様わが身にはふれず、どころか自分だけは億単位の給料をとり私服をこやし続けた。その結果がこれだ。それにしても日産の日本人の役員達、日本人の株主達はこれをナント見ていたのか。切られた総数4万人の労働者に対する同情は一切湧かなかったのか。

○月○日/ 「劇団仙台」なる演劇グループが「仙台空襲」を上演したが、劇中「戦争法案反対」のせりふがあり、これは「政治的中立性に」にもとるからとて、仙台復興記念館の館長がこの劇の上演を中止して、と訴えられた。戦争につながる法案に反対することは戦争に反対することだ。戦争反対は人類普遍の思想だ。館長の頭の程を疑うし、こんな馬鹿を市もよく館長に任命するものだ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です