司書独言(189)

◯月◯日 2015年ネパールで起きたマグニチュード7.8の大地震で、8848mのエベレストが2.5cm低くなったやもしれぬとて、今年政府が調査する由。最高峰に比較しては失礼だが母恋富士は昔、本当に秀麗だった。それが戦時中の採石(?)で削られてぶさいくに低くなった。仏坂を越えてラッパ森に向かう度、残念な気持ちになる。誰だ?あんなにもてっぺんを削ったのは??自然現象で低くなったのであれば諦めもつくが、人為では腹が立つ。

◯月◯日 京都の東寺、つまり教王護国寺に空海請来の国宝「両界曼荼羅図」があるが、その複製が「ふくろう文庫」にある。野口観光社長からの寄金で買えた2巻物で、¥100万円もする大変な物だ丸井で一度公開したことがある。ところで9月30日付朝刊を読むと「両界曼荼羅の仏たち」なる本の広告が出ていて、こりゃ参考になりそうだ、読んでみようと切り抜いたら、隣に仏教学者?ひろさちやの「釈迦にまなぶ」広告があって呆れた。どうしてか?、もう何年前になるか忘れてしまったが、この学者の家に空き巣が入って現金を持ち去った。その額驚くなかれ7億円。アディダズのバッグに入れてクローゼットに置いてあったという。私はこの事件を取り上げて「仏罰」だと書いた。だって考えてごらん。今回広告の本の脇にある文章は「苦しみにどう向き合うか、楽に生きる仏教の極意」とあるが、この学者は講演で「物欲の戒め」と語っていたはずで、それがこの箪笥貯金ならぬクローゼット貯金。正しく悪徳坊主が舌先三寸で善良なる庶民を丸め込んでの集金と言う図だ。室蘭にも来て講演したと記憶しているが、その講演料も聞いて目をむく程のものだった。こんなエセ学者の本を読み、話を聞く馬鹿が未だにいると言うことだ。庶民もなめられたもんだ。

◯月◯日 ふざけたと言えば、小川栄太郎なる物書き。「朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」なる副題を持って「森友・加計徹底検証」なる本を出した。この御仁、記憶に間違いなければ、以前安倍首相礼讃の伝記本を書き、しかもそれを大量に安倍の講演会に買い上げてもらって儲けた男で、この欄でそのからくりに触れた事がある。広告の最後の文章は「このままでは国の存立が危うくなる」だが、よく言えたもんだ。「もり・かけ」のどこが”捏造"なのか。権力の提灯持ちをする奴はいつの世も居るものだが、この男には呆れるね。こんな本を買った上で信ずる馬鹿者がいるとしたら、それこそ「国の将来」が危ういと言うものだ。

◯月◯日 折しも前川前文部科学次官が札幌に来て、10月23日夜講演したと報じられた。閉会中審査の時の気骨ある返答ぶりを思い出す。講演と言えば、ジャーナリストの伊藤詩織が10月24日日本外国特派員協会で「性被害の救済制度改善」を訴えたと出ている。この女性、元TBS記者の山口敬之にレイプされたと訴えた人。山口は先の小川と同じく、安倍の礼讃本「総理」を書いた提灯持ち。過ぐる5月に明らかにされたこのレイプ事件、何故かもみ消されたが、10月26日号の「週刊新潮」では、「詩織さん準強姦逮捕状の男にもう一つの罪」として「安倍総理を援護したくて虚報発言!!」。

週刊文春の「韓国軍に慰安婦記事は山口記者の捏造化」なるものが出た。小川にしても山口にしても、余程の見返りがあっての提灯持ちなのだろう。

◯月◯日 福井県池田の町立中学校で起きた、中学2年男子の自殺事件、担任らの度が過ぎた叱責、執拗な指導を、校長は知っていたと言う。母親は担任を替えてくれと頼んだが、それは出来ぬとの返事だったらしい。で思い出すのは、私が小5の時の出来事。何故か私は女担任の若いAにマークされて...ある時、突然黒板の前に立たされ・赤い鉢巻きで目隠しされた。そしてAが言うには、「山下に意見のある人は」。するといずれも頭文字Nの3人が順番に私の非を鳴らすと、 Aは「では山下に級長を止めてもらいます」で、私は級長を首になった。これを偶々廊下を通りかかった小林喜藏校長が見て、私一人を年寄りの老練な男教師Dの組に移し、私の父を呼んで言うには「敏明は気性の激しい子だから、これでぐれては可哀想なので、私の一存で移した」と。私はこれで救われて5年総代で送辞を読み、卒業式では6年総代で答辞を読んだ。小林校長には今でも感謝している。因みに池田中の校長は10月20日に退職願を出した由。小林校長と器が違うのだろうな。(山下敏明)

第381回 「ストーンヘンジ」 「雪舟はどう語られてきたか」「KKKの正体」

2017.9月29寄稿

2002年(だったと思うが)に、「読書への誘い」と言う意味を込めて、私が講師となり「英仏文学の面白さ」(だったか)と題して、室蘭と苫小牧の図書館を会場に、連続12回の文学講演をした事がある.英仏、英仏と月代わりで順にやったのだが、大体70〜100人の人が聞いて呉れて、これは成功だったと思う。 続きを読む 第381回 「ストーンヘンジ」 「雪舟はどう語られてきたか」「KKKの正体」