山下敏明さんのあんな本、こんな本

新着記事

1989年(平成元年)11月4日、第一回「鷲山第三郎のこと」を皮切りに、24年間室蘭民報に掲載されて来た、「本の話」が、2004年5月に1冊目として室蘭民報より、出版され、2010年9月に 「本の話」続として、同じく室蘭 […]

Continue Reading...

2017.4寄稿 幼・小・中・高と同期の男に、綽名(あだな)が「デブ」が二人いて、我々は別けるために各各上に苗字を乗せて「Oのデブ」「Tのデブ」と呼んでいた。中二の時、陸上部のI先生が、誰かに教えられたのか、自分で気づい […]

Continue Reading...

Continue Reading...

Continue Reading...

Continue Reading...

Continue Reading...

Continue Reading...

Continue Reading...

◯月◯日 「concussion(コンカッション)」なる英語を知ったのは去年の3月頃。「激しい振動」の意で、医学用語としては「脳震盪」となる。

Continue Reading...