第401回(ひまわりNO217)  改元に関わる人等の著書

2019.7.10寄稿

元号が「令和」に定まるまでと、定まってからと世の中大分騒がしかったが、ようやく落ち着いてきたようで、各紙もまとめ的記事をのせるようになった。そこで今回は各紙の特集記事なを参考にしつつ、「元号」に関わりを持った人の著書に目を向けて、それを紹介しようかと思う。 続きを読む 第401回(ひまわりNO217)  改元に関わる人等の著書

第400(ひまわりNO216)「リンゴの唄の真実」と「ニルスの不思議な旅と日本人」

2019.6.19寄稿

先日温泉の帰りに我妻さんんがカーラジオを入れると、童謡の話をしている。途中からだから一話終えると次となって、一通の手紙を読み始めた。介護施設に入っているという85歳のお婆さんからの手紙だ。 続きを読む 第400(ひまわりNO216)「リンゴの唄の真実」と「ニルスの不思議な旅と日本人」

第399回(ひまわりno215)AI時代を予見したチャペック。藤田嗣治の消せない過去

2019.5.26寄稿

私は英文科出身だが、大学での最初のテキストはチェコの作家、カレル・チャペックの「イギリスだより」だった。1924年5月から7月の2ヶ月間、ロンドンのペンクラブ大会に招かれた時の見聞録記だ。この辛口の旅行記は、これからその国の文学について学ぼうとする者には、その国土と国民性を理解するために非常に有益な案内書だった。 続きを読む 第399回(ひまわりno215)AI時代を予見したチャペック。藤田嗣治の消せない過去