司書独言(232)

2021.7.16寄稿

◯月◯日/知らなかったが7月3日は「ソフトクリームの日」なんだと。そう知って食べたくなり、コンビニに行ったら、8個買うと1個のおまけという仕組みで9個買ってきた。北海道だけの「メロンソフト」@¥185+税。日本のアイスクリームの最初は明治2年(1869)横浜の馬車道で、町田房造が作って売った。銀座の資生堂は明治32年(1899)に1個15銭で売りだした。私が小学生の昭和20年代初めアイスキャンデーは確か10円だった。「ソフトクリームねぶりまわしてついに無し」(吹田弧篷)メロンと言えば室蘭に近いところでは有珠がメロンの産地だ。国道37号線に約1kmの「メロン街道」がある。日持ちがしない「青肉」のキングメルティーという種類を作っているので即売だそうだ。

◯月◯日/スガが又もや「緊急事態宣言」を出そうとしている。7月7日に東京のコロナ感染者が920人になったからだ。これで、酒を出す店が皆泣いている。そんなにオリンピックをしたいのなら、飲食店全部に金を出せばいいと思うが、そこへくるとケチル。金がないはずない。と思うのはーあのトランプのバカ娘イバンカとやらが来た時、安倍は鼻の下を伸ばし、この一補佐官に過ぎぬこの娘を国賓待遇し、おまけに彼女が関係するナントカ基金に数十億円の寄付をした。あの額を出せば都下はおろか、全国の飲食店に補助金出してもお釣りが来ることだろう。

◯月◯日/と思っていたら、灘高➝東大とエリートコースの大臣西村が、酒の取引停止という馬鹿な案を言い出した挙句、要請撤回に追い込まれた。仲間同士の密告をすすめるようなこの法案を思いついた西村は東大でボクシング部に入っていたそうな。ところがこの狐顔の男、あの顔が自慢で、ボクシングの練習中に「顔だけは殴らないでくれ」と注文をつけていたそうな。しかし金融機関に脅かしを頼むというヤクザも驚くこの案を考案したところを見ると、練習中に頭を殴られ大分脳内ひび割れしているのかもしれないな。

◯月◯日/今月の「あんな本こんな本」にジャスパーベッカーの「餓鬼ー秘密にされた毛沢東中国飢饉」の書影を出しておいたが、毛沢東の農業政策はスターリンに学んだものだった。ところが、そのスターリンはインチキ学者の遺伝学者ルイセンコやミチユーリンと言った連中の偽学説に惚れ込んで、とどのつまり、ソ連の農業をダメにし、その結果数千万人を餓死させた。「偽学者を信用し、まともな学者の意見を取り入れないスターリンや毛沢東は、はったり屋の竹中平蔵を買いかぶり、尾身博士をないがしろにするスガの姿にダブってみえるな。もっとも尾身ももうちょっとハッキリしたものの言い方をしたほうがいいよな。

◯月◯日/このルイセンコついては、黒木登志夫の「研究不正」(中公新書)中で「スターリンの庇護のもとに弾圧したルセンコ」なる事例がでているし、中村禎里の「ルイセンコ論争」(みすず書房,1967年刊)なる名著もあるからそれらを見て欲しいが、今そのソ連における飢餓をテーマにした素晴らしい映画がある。去年の8月に封切りされた「赤い闇、スターリンの冷たい大地」がそれ。スターリン政策下ウクライナで数100万人が犠牲になった大飢饉の話だ。

◯月◯日/英国のジャーナリスト、ガレス・ジョーンズが様々な邪魔を押しのけて、スターリンの政治宣伝を覆す報道を果たす姿をくっきりと描き出す。真実を追求するジョーンズに対して、スターリンに取り入りその宣伝屋に成り下がるニューヨークタイムスの特派員ウォルター・デュランティがいる。この男世界に向かって嘘を流しつづけ、その甲斐あって1932年度のピューリッツア賞までもらってしまうのだ。安倍や菅にとりいる田崎の爺さんはこの小型だな。

◯月◯日/西村の酒屋いじめを知らないと答えたスガはじめ、目下の我国も「嘘=フェイク」だらけだが、「嘘の仕組み」を見破るためにも、この「赤い闇」是非見て欲しいものだ。映画と言えば「ホテル・ルワンダ」はルワンダの少数派民族のツチを多数派のフツが大量虐殺した事件がテーマだ。この時ツチ族を助けたのが「ルワンダ・ホテル」の支配人ポール・ルセサバギナだった。この大量虐殺では80万人が殺された。ところが、去年の9月、ルワンダ当局はこの支配人を過激派テロ組織創設に資金援助をしたとして逮捕した。真相は未だ分からない。然しこの映画は観ることをすすめる。この事件については「ルワンダの涙」という非常に優れた映画もある。

◯月◯日/ルワンダの事件は1994年4月初めにフツ族出身のハビャリマナ大統領の乗る航空機が撃墜された事から起きたが、つい先日ハイチの大統領が暗殺された。既に傭兵十数人が捕まっているが、真相はこれからだ。この暗殺で思い出した映画がある。ハイチ、ドイツ、フランス、ベルギーによって2000年に作られた「ルムンバの叫び」だ.1960年にベルギーから独立を勝ち取ったコンゴの大統領ルムンバの伝記映画だ。これも秀作。今まであげた映画はDVDのレンタル屋にある筈。

◯月◯日/日本には川と呼ばれるものが確か30,000あるとの記憶だが名無しの川はまああるまいと思う。ところが世界は広いもので、イギリスには名前はあるのだがその読みが違うととて争っている所がある。英国東部の「nene」川がそれ。これを上流のノーサンプトンでは「ネン」と呼ぶ。然るに下流のピーターバラでは「ニーン」と発音する。両方とも我が読みが正しいとガンバッテ、論争は何百年も続いていたが、今年5月末にそれでは「クロッケー」で決着をつけようとなった。

◯月◯日/この「クロッケー」調べてみたら「croguet」なるフランス語で、芝生の上で木製の球をマレット(木づち)で打ち、、数個のフープ(鉄門)を次々にくぐらせて得点を競う球技とある。私はやった事もする気もないが、つまりはこれ「ゲートボール」だわ。でこれで勝った方が1年間自分側の読みで言うとなって、以後1年間は「ネン」となったと。つまりノーサンプトンが勝った訳だ。

◯月◯日/これ書いている今日は7月15日(木)だが、朝刊に東京コロナ感染1149人。五輪バスの乗務員の宿舎は個室にシャワー、トイレ、洗面所ナシetc、でとてものこと3密どころではないetcとある。又、バッハとスガが会見したともある。この文章が出る頃にはオリンピックが終わっているか、続いているのか知らないが、ー思い出すのは前回のブラジルオリンピックでの色々。この時ブラジルの警官達は「welcome  Bragil」の横断幕をかかげながら、「給料払え」のストをやった。オリンピックを控えているのに給料が、遅配だったのだ。

◯月◯日又始まった途端にオリンピックのためにブラジルに来ていたポルトガルの教育相が強盗におそわれた。と思ったら試合を終えたベルギーのレスリングの選手が海岸を散歩していて、これも強盗にやられた。もっとも、暗いニュースばかりでなくて感動させられる話一つ二つあって、その一つは女子柔道で金メダルを取ったケルメンティがコソボの選手っだった事。コソボといえば、旧ユーゴスラビア紛争の現場だった所だ。ところで、この6月初め、ムラディッチなる男が、オランダハーグの国際法廷で終身刑の判決を下された。

◯月◯日/このラトコ・ムラディッチは元セルビア人武装勢力の司令官で、95年にスレブレニッツアで起きたイスラム教徒8000人を虐殺した事件や、「サラエボ包囲」で市民を攻撃した時の司令官だった。で結局、1992年から95年にかけてのボスニア・ヘルツェゴビナ内戦のジェノサイド(皆殺し)の罪に問われてたと言う訳だ。ムラディッチは現在79歳。この事に関心を持たれた人は,是非、多谷千香子著「”民族浄化”を裁くー旧ユーゴ戦犯法廷の現場からー」(岩波新書、2005年刊,¥700+税)を読んでほしい。多谷千香子はこの国際法廷で判事として実際に審理を担った人でこの本の第4章に「コソボ論争の種は蒔かれた」なる一節がある。

◯月◯日/ブラジルのオリンピックでマリオだかの格好をして福島は「アンダーコントロールだ」と出まかせを吹いて来たのは「満身嘘男」の安倍だが、そのおかげのオリンピックで今、日本は混乱の極みだ。「読売」の調査ではスガの支持率は28%、五輪は「中止すべき」だは都民で50%、またフランスの世論調査会社「IPSOS」の調査では世界28カ国の内、五輪反対は57%、日本は78%と出た由。

◯月◯日/こうした事を知ってか知らずか14日にフジテレビの「目覚まし8」なる番組で(と言っても私は見た事がないが)お笑い芸人(女性)が「中止してほしいという言葉選手に聞かせたくない。開催決まっている以上は全力で応援してあげないと」と発言したと。するとこれを受けた司会の谷原章介が「そういう雑音は耳に入れたくないですね」と言ったと朝刊にある。

◯月◯日/読んで思うに、この二つの発言、これは安倍や麻生、スガと同じだわということ。安倍は極右の雑誌「HANADA」で「五輪に反対しているのは反日の連中だ」と言ったと報じられたが、この司会者は「雑音」ときた。何様のつもりでいるんだろう。前にもタレントの「アイヌ差別」発言があって、その時にも、小樽出身の加藤とかいう司会者が、それを止めも、とがめもしなかった。彼といい、これといい、タレントの司会者の質が悪すぎる。何かについて発言する時は勉強してから言ってくれなくちゃな。感じで言われちゃよくない。東大の目加田教授(女性)が前に、「無学のタレントのコメントは困る」という意の発言をしていたが、至極もっともだ。こういうと、すぐに「上から目線」と言って反発が出るが、再度いうが、上でも下でもなく、何か物言う時にはよく調べてから言わぬとだめだということだ。無知の発言は誤ちを増やすだけだ。タレントが悪いのではなく、目加田の言うように「無学」なのが困るということだ。この「無学」というのは安倍、麻生、スガにも通じる点で、さらに悪いことにこの連中には「無恥」も加わるけどね。

◯月◯日/「選択的夫婦別性」について、内閣府のアンケート調査では国民4割が容認という結果が出ているのに、安倍以下「日本の伝統にそぐわない」という保守派の連中で、司法がまたこれを許さない。だけど、これ本当に「日本の伝統」か。どの解説記事でも、これに関して先ずは、と「日本書紀」を持ち出す。「日本書紀」とくると、私は、日常的に「宇治谷(うじたに)孟(つとむ)全現代語訳・日本書紀」上下(講談社学術文庫1988年刊@¥1150)を使っているが、こんな古典は、いくら現代語訳と言っても面倒でイヤだ、という人に薦めたい本がある。

◯月◯日/ 藤井青銅「”日本の伝統”の正体」(新潮文庫令和3年1月1日刊、¥590+税)だ。その第2章が「家庭の中の”伝統”」で、その第2節目が「夫婦同姓は伝統か?」だ。結論を言うと、昔は「夫婦別性」、それが「夫婦同姓」に変更されて約120年たったと藤井は言い、これに異をとなえる「選択的夫婦別姓」が議論されてから約50年だという。このあと藤井は(長すぎないか?)と足す。つまり、伝統でも何でもないのだ。保守を名乗る連中はすぐに「日本の伝統」を持ち出す。「正座」も「元号」も「武士道」も皆伝統だと言う。しかしその殆どがアヤシイというのが藤井の結論だ。しかし「国体」はじめ諸々の伝統を一番裏切っているのは「天皇」をないがしろにし、「米国」だけにすがりついている安倍じゃないのかね。これ売国というんじゃないのかね)安倍じゃないのかね

2021.7.16寄稿

( 東京コロナ感染1,308人と朝刊にある)

 

 

第424回(ひまわりno240)「犬人怪物の神話」「オリンピックマネー」「中国人民共和国史」他

2021.7.4寄稿

ルーマニア国内での受賞8ケ、カンヌ映画祭他での受賞4ケetcの前触れの映画「ホイッスラーズー合図の口笛」を観た。観るは観て退屈はしなかったけれども、実のところよく分からない映画だった。 続きを読む 第424回(ひまわりno240)「犬人怪物の神話」「オリンピックマネー」「中国人民共和国史」他

第423回(ひまわりno239)現代中国のタブー「天安門事件」科学者の論文捏造

私が室工大に在任中、北京から劉さんという人が留学生として来た。この人と他の中国からの留学生の違いが一つあって、それは彼が唯一「文化大革命」の時に高校生だったことだ。 続きを読む 第423回(ひまわりno239)現代中国のタブー「天安門事件」科学者の論文捏造

司書独言(231)

◯月◯日/ 5月23日、米の絵本作家エリック・カールが91歳で、マサチューセッツ州、ノーサンプトンの自宅で死去した.20余年前の事。私が室工大を定年になった年の6月に市立図書館に呼ばれて直ぐの頃、私の部屋で「読み聞かせの会」の女性達が8人程で打ち合わせ中で、丁度エリック・カールの話を始めた所だった。私は話には加わらず自分の机に座っていたが、その時私を訪ねて未知の女性が入ってきたが、その人を一目見て私は呆気にとられた。何故って、その女性は170cmはありそうな長身でかつ細身で頭にグリーンのターバンを巻き、スーツも上下グリーン一色のものだったからだ。わたしは本当に「はらぺこあおむし」が来たのかと思った。その人が来たのはこれっきりだからその名も用件も忘れてしまったが、うるさがたが揃っている「読み聞かせの会」の面々が一瞬どよめいたあと黙りこくってしまったことだけは今尚忘れていない。もっとも当の女性にしてみれば何故どよめいたのかは、思いもつかなかったろう。

◯月◯日/ この欄で今迄数度世界に共通するサッカーファンの行儀の悪さについて触れ、直ぐに騒ぎまくるファンは是非この本を読んで少しは勉強してくれと、陣野俊史著「サッカーと人種差別」(文春新書¥750+税)もすすめてもきた。ところが、5月29日ポルトガルの北部の都市ポルトで行われた男子サッカーの欧州クラブトップを決める決勝戦で又もや問題が起きた。この決勝戦を戦うのは共に英国のチームで、チェルシーとマンチェスター・シティ。コロナの最中、これを応援しようと英国人ファンが60機のチャーター機でポルトガルに来たと言うからすごい。

◯月◯日/ スタジアムの16,500人以外は街頭に出てマスクを無しで飲んだり、食ったり、騒いだりとなってこれを許した政府に非難が集中した。そして左派の党首マルティンスが「自国の市民に認めなかったイベントを他国民に許すとは理解し難い」と表明した。もっともだ。

◯月◯日/ 実はこれ迄は前置きで書きたいのはこれから。去年10月に封切られた「キーパー・或る兵士の奇跡」なる英独合作の映画がある。実話だ。第2次世界大戦で英国の捕虜となったドイツ兵バート・トラウトマンは実はキーパーの名手だ。その腕前を捕虜収容所で或る日偶然発揮する。これを地元のサッカーチームの監督が見て捕虜の身分のままスカウトして試合に出す.するとこれ又試合ぶりを見た名門マンチェスター・シティの監督が引っこ抜く。然し、マンチェスターはユダヤ人が多い町だから、ナチスの軍隊にいたトラウトマンへの怒りと攻撃が凄まじい。となるとドイツ敗戦後マンチェスターに残ってサッカーを続けるトラウトマンの運命やいかに??と相成る。実にいい映画だ。反戦映画の傑作と言ってもいい。

◯月◯日/ 周知のように大阪なおみの発言が注目されている.これに女子シングルスで4大会通算23度優勝のセリーナ・ウイリアムズが「大阪の苦しみがどんなものか私は知っているからなおみをハグしてあげたい」と発言。このセリーナが第1子の妊娠を発表した時、ルーマニアの女子チームの代表監督(男)イリ・ナスターゼから「どんな色の子が生まれるのか」とからかわれ、この余りの人種差別のひどさに「国際テニス連盟」が調査に入ったことがある.2017年の4月の事だ。この男といい、IOCのバッハといい「何様」のつもりの馬鹿が多すぎる。

◯月◯日/ 映画といえば「在りし日の歌」なる中国映画もそうそうない傑作だ。去年の4月封切り。中国は人口抑制で1980年代に「一人っ子政策」を採った。映画は2番目の子を妊娠した女を親友が当局に密告して、無理やり堕胎させられてしまう事から起こる悲劇だ。登場人物皆悲しみ極まるという面持ちで生きていて、観る方にも人生が抱える悲しみが迫ってくる。ところが中国はこの5月の末に、一組の夫婦は3人まで生んでいいとの方針に踏み切った。勝手なもんだ。

◯月◯日/ ナニシロ、今の中国は一人っ子政策が裏目に出て、20代から40代では男が1,700万人余っている。つまり女が圧倒的に少なく、結婚したくとも男は相手がいないのだと言う。それを踏まえて今度は「3人生め」となった訳だが、前は産むな、今度は産めダナンテ「人間は機械じゃないわ」との反発が広まっているという。もっともだ。戦争最中のナチスも日本も「お国のためだ、産めよ、増やせよ」とやったが、それにウカウカ乗ってしまった人達は戦争に負けて、何一ついい事はなかった。国民皆そうだが。今も昔も国の言う事を聞いてはならぬ、という事を国民皆肝に命ずるべきだ、と私は思うがね。

◯月◯日/ 太平洋戦争中、汽車に乗って伊達の方から室蘭に向かう時、オコンシベ(今の黄金駅)を通る辺りから乗客は海側の木製のシャッターを降ろさねば成らなかった。室蘭港が一応軍港扱いで、国民が港内の様子(軍艦が入港しているか、工場では煙をだしているかなどを)を見たり、話したりしてはいけなかったからだ。又今では信じがたい事だが、室蘭郵便局(海岸町の本局のこと)の屋上には探照灯が設置されていて、戦争が始まるまでは近所の子供達はそこに上がって遊ぶ事が出来たのにそれも禁止された。この探照灯、空爆でB29が飛んでくると、それを狙って照らし始め、B29の姿が夜空にはっきりと写し出されると、高射砲が火を噴くーと言った具合で、子供の時の記憶では,その弾が届かない。B29のかなり下の所ででポンポンとはじけてしまって威力はなかった。

◯月◯日/ 函館山も今のロープウェイがある所は登山が禁止された。山へ登るもダメ、海側を見るもダメとは何故かとなれば、戦時中には「要塞地帯法」があって、港や飛行場や軍需工場などを写したり描いたり、それについて喋ったりする事を禁ずる「軍機保護法」とセットでこれを犯す市民を監視し罰した。前々前回の「あんな本こんな本」で北大生の宮澤弘幸が旅行中に聞いた飛行場のことを北大英語教師のレーン夫妻に喋ったことで懲役15年を科せられた事件を語ったが、宮澤は上記の2つの法律に引っかかった訳だ。ところで、今米軍や自衛隊の基地や原発周辺の住民を監視し、土地の売買や利用を規制する「土地利用規制法案」が成立しそうだ。これ昔の「要塞地帯法」によく似ているという。恐ろしい。「写メッチャオウ」なんてカメラかまえる小父さん達もこの法案に注目したほうがいいぞ。

◯月◯日/ 1億5千万円事件で議員を辞めざるを得なかった河合案里が、ろくに議会にも出ないくせにもらった議員給料を返せと広島市民が訴えた事件で、裁判所がこれを却下した。この裁判官連中何を考えてんのか。これに関して二階が「政治と金は綺麗になった」と発言した。このキビッチョ口(キビッチョ=急須=口とんがらかし)男も毎回毎回何たることを言うのか。地元民もこんな男に何故一票入れるのか。

◯月◯日/ いやあ驚いた。豊胸手術というのは聞いていたが。それには「豊胸シリコンバッグ」なるものを胸に埋め込むのだそうな。ところが、それに安い工業用シリコンが使われていて、これが老化して破裂する事件が相次いで、英仏などの女性2,700人がドイツの「製造安全認証会社」のテュフラインラントを訴えているそうな。その結果同社に賠償を命ずるとの判決がこの5月末に出たのだが、同社は上訴するという。ナニシロ、バッグが破裂するとシリコンが身体中に広がって、胸、腰、頭と激痛が走るというからたまったもんではなかろう。バッグを作っていたのはフランスの「ポリ・アンプラン・プロラーズ」なる会社。私の知り合いの女性はバスト98㎝だが、いつぞや東町のシブチンの外科にどこか痛くてかかった所、医者から「こんなすばらしい胸は見たことがない。だけどここにしこりがある。先生がきれいにとってあげるから」と言われたけどどうしたもんだろうと、その医者と旧知の私が相談されたことがある。私はあれはヤブだから止めとけと答えたが、今その医者は天国(地獄か)に行って98cmの方はナントモナクピンピンしている。このヤブ医者も工業用シリコン並だなあ。

◯月◯日/ おっぱいの後で何やら妙な気がするが、ポコチンのことを書く。昔「皮かむり」と言う言葉があった。いわゆる「包茎」のことだ。この包茎を歴史的観点から書いた本を東京経済大学の渋谷知美準教授が書いたので注文したがまだこない。この先生が言うには、あの高須クリニックのヤブ医者、あの何故か知らないが、ヘリの中で何故か知らないが、色んな国の美男美女と会議をして見せ、最後に一言OKで済ませるあのインチキくさい高須は私は美容の方だと思っていたが、まあそっちもするんだろうがナント包茎専門の医者ナンダト。しかもこの医者、男性雑誌に知り合いの女に頼んで「包茎って嫌い」だの「包茎って不潔」だのと言った投書をさせて、これを見て不安に駆られた馬鹿な男たちが包茎手術をしたくなるようにしむけていたという。

◯月◯日/ 高須は今「、あいちトリエンナーレ」に関して,偽署名の件で疑われているが、偽投書も似たようなものだ。「人の褌で相撲を取る」とは「他人の物を利用して自分の目的を果たそうととする事」だが、この男は「人の皮」でヘリに乗っている訳で大した狸だ。どこまでも欲の皮のつっぱった男だか。ここで思い出したのはこれも死んでしまった千歳町のこれまたシブチン泌尿器科の先生は、「包茎」をチョチョ切った先端の皮(と言っても私は見た事がないが)を日干し(だろうと私は思うが)にして指輪状になった物をキャバレーに行くと女給たちにチップ代わりに配って人気があったという。しかし、これ切られた方からすれば「所有権の侵害」ではあるまいか。この医者「アリナミン」だったかの会社が、使用した量によって医者をハワイに招待とやった時。ドラム缶だかに「アリナミンを仕入れて患者に食わせるほどに配ったという噂があった。真偽の程は知らん。

◯月◯日/ おっぱいでで倍賞美津子を思い出した。最初に観たのは「喜劇・男は愛嬌」(だったのではないか)で、少年院帰りの美津子が出所の手続きで、係員が拇印が要るよというと「あーボインか」と言ってセーターを脱ぎにかかる「そうじゃないよ。ハンコだよ」と言われてチラッと見えかけた”おっぱい”をしまう。この場面の乳房の威力はさほどでもなかったが、それから10年ほどして「復讐するは我にあり」に出た時はすごかった。殺人魔の緒形拳の相手役で、後ろから緒方が乳房露な美津子の「おっぱい」を揉みしだく。この時美津子は、レスラーの猪木と結婚していたが、その乳房はまさに豊満だった。

◯月◯日/ おっぱいはともかく、この映画は犯罪映画の傑作だった。原作は佐木隆三で、佐木はこれで直木賞を取った。西口彰と言う実在した稀代の殺人魔が主人公のモデル。読んでも見ても実に恐ろしかった。ここで思い出したのが西村望のドキュメンタル・ノベルの「鬼畜ー阿弥陀仏よや、おいおい〜」(徳間文庫、1981刊)この頃はあまり読まれていないようだが、この作家の書く物は殆ど犯罪小説で、実録も多い。この「鬼畜」も高知県生まれの梶尾卯吉なる実在の人物がモデルで、とにかく生涯、犯し、殺しの連続だ。恐怖にかられながら読み終えて、月並みだが「人間なるものの不可解さ」について考えさせられる。西村望の実録小説は皆すさまじい。

◯月◯日/ コロナワクチンで13:30に来いと言われて昨6月7日医院に行ったところ、ワクチンがまだ届いていなくて1時間ほど待たされた。プシュとやられて帰ってきたが、夜中言われた通り左腕が上げ下げする時多少痛かったが、後はなんともなかった。行った時、医者が「今日はどうしたんですか?」と聞くから、「コロナで来いと言われたから着た」と言うと「エッ、コロナですか、ワクチンあんのかな」と知らないでいた。看護士はナニモ伝えてないのか。ワクチンの副作用より、こっちの方が心配だ。

2021年6月8日寄稿

山下敏明