山下敏明さんのあんな本、こんな本

Archive for the ‘司書独言’ Category

司書独言(141)

2013.7月寄稿 ○月○日 投票日だが遠出をしなくちゃならん用事があるので、いつもは7:00のコーヒーを5:00には終え、早々に出る事にして、でもその前に一寸新聞を広げると、「東電管理職に一時金10万円」なる記事があっ […]

Continue Reading...

司書独言(143)

○月○日 「武士道」が好きだからとて「ブシドー」と名乗るドイツ人の人気ラップ歌手が、ベルリン市長で同性愛者のウォーウェライトを、歌で「同性愛者を拷問に」と侮辱し、自由民主党のトルコ系テーレン議員に「死んで欲しい」とからか […]

Continue Reading...

司書独言(144)

○月○日 「ふくろう文庫ミニ特別展」を図書館3Fで開催中。出しているのは福岡の大名黒田家が秘蔵していた「唐絵手鑑・筆耕園」。徽宗(きそう)から始まって孫隆(そんりゅう)まで全60枚の中国絵画を蒐め田もので,重要文化財指定 […]

Continue Reading...

司書独言(146)ふくろう親父の㊙日記

2013.12寄稿 ○月○日、本屋に猫のカレンダーが山と積まれ、かつ吊るされている。猫派の私は必ず開いてみるが、どれも大の字になって、或いはそれでも足りなくて弓なりに反って、当然腹丸出しに寝ている猫がいる。

Continue Reading...

司書独言(147)

2014.1月寄稿 ○月○日 80歳になっての天皇の所感は誠に立派なものだった。「平和と民主主義を守るべき大切なものとして日本国憲法をつくり」と言い、その憲法を「遵守する事を念頭に置いて、天皇としての活動を律している」と […]

Continue Reading...