司書独言(169)

⚪︎月⚪︎日 京都の下鴨神社で恒例の「蹴鞠初め」が1月4日に行われた由。中国渡来のこの遊び、鹿革の鞠を蹴り上げ続けて地に落とさぬようにするもので,平安時代に貴族間で普及.崇徳天皇の時の大納言・藤原成通が上手だったので、その子孫の公卿連中は師範=家元となって数十世代続いた。代表格が難波家と飛鳥井家。思うに三浦、沢、ちょっと変形で五郎丸だの、世が世なら公卿だ。なんだかおかしいいね。

⚪︎月⚪︎日 2013〜14年,大英博物館で「春画展」が開かれ大成功をおさめた。その学術的な図録(小学館刊/¥25,000)を昨年注文したら、高額なのに既に売り切れ。この成功を受けて、細川護熙元首相が理事長の「永青文庫」で、日本初の春画展が昨年開かれ,これもまた大成功。細川と美術研究者31人が都や警察庁と連絡を取り、万全の体制で臨んだ由。細川もいいことをしたもんだ。細川初めての善行ではあるまいか。それにしても日本人が生んだ世界最高級と称される芸術を、当の日本人が自由に見ることがかなわぬというのは変な話だね、

⚪︎月⚪︎日 大阪安治川河口の天保山は、確か4m余の小山(?)丘(?)だが、それでも登山証明書が出る。安治川の浚渫(しゅんせつ)で出た土で、1831年に築かれた。北京の景山は故宮の堀を掘った時の土で築かれた。4人組の江青が確か此処で捕まったと記憶するが、普段は市民憩いの場所だ。ところで長野、山梨とリニアで出る土、どう処理するつもりだろう。山は余っているしな。まさか、安倍の古墳をつくろうってんではあるまいな。

⚪︎月⚪︎日 2011年に英国の自然写眞家ディービット・スレイターが、スラウェシ島の写真集を出した。中にクロザルが「自撮り」したものがあった。クロザルが偶々置いてあったカメラを持ったのが「自撮り」になってしまったもので、面白いといえば面白いが、只それだけのこと。

⚪︎月⚪︎日 ところが、全米動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)」が、この写真はクロザルに著作権があり、スレイターはそれを犯したとして、訴訟を起こした。閑というかご苦労というか...理屈は省くが裁判官はこの訴えを却下した。

⚪︎月⚪︎日 この馬鹿馬鹿しい訴訟で思い出した裁判がある.1925年、アメリカテネシー州の猿裁判だ。公立学校で進化論を教えた教師が、聖書の記述を絶対視する団体から訴えられたのだ。その言い分は、人間は猿から進化したのではなく、神が創り給うたもので。この教師は聖書を否定するけしからん輩だから、教師資格を剥奪せよ云々。

⚪︎月⚪︎日 この事件、映画にもなって、教師の弁護士役のスペンサー・トレイシーの演技が見事だった。さて申(猿)年。アメリカではこの聖書絶対視の連中が今も勢力を持っていて、かの脳足りんのブッシュを支持したのもこの団体。そのブッシュに猿回しの猿同然に引き回されたのが小泉という図だが、今またアメリカにはカルタ、花札、いやトランプなる白人至上主義の男が現れた。他の国ながら嫌な雲行きだ。

⚪︎月⚪︎日 日本医大特任教授・海原純子が書くには、さるスポーツクラブのレストランでビュッフェスタイルの朝食をした所、隣席のカップルが茹で卵を6ケずつ持ってきて、白身だけを食べ黄身は全部残して去ったと。スポーツクラブだから健康志向で当然、何か問題ある?と当人たちは言うだろうが,端から見りゃ矢張りもったいない。

戦争中は兵隊も餓死したし、民間人も空腹にあえいだ。今市立病院がある所は、昔は鉄道官舎で,どの家も前庭で芋他を植えて自給自足していた。

先日「花抜いて芋植える日が来ぬように」なる投稿句があったが,この句の意味する所、このカップルには通じぬのかも知れんな。

⚪︎月⚪︎日 「ふくろう文庫ワンコイン美術講座」で牧谿(もくけい)の国宝「猿猴図」を語るので、猿のことを色々まとめていた折も折、庭の干し柿を狙って5匹の猿の親子がやって来た。孫たちが喜んで一騒ぎの後、猿たちは去ったが、一番下の3歳の子が家に入らない。何でだと思ったら「ゴリラ?」と言った、という投書があった。いい話だなあ。

⚪︎月⚪︎日 これ書いている今日。道内大荒れの1月20日。思い出したのは,旭川駅の改築前、根室管内の図書館大会に講師として呼ばれた時のこと。

確か2月、何やら悪い予感がして前日は旭川泊まり、翌朝旭川駅のホームで待っていると、今くる網走行きの後の列車は吹雪で運休ですと言う。名札を見たら同じ山下。で乗って遠軽へ着いたはいいが、迎えがない。暫くして来たが、吹き溜まりに突っ込んでJAFに助けてもらったと。で会場に向かったが雪で何も見えず、といきなり急ブレーキ、前を見たら、真っ白い猫が歩いていて、こりゃ一体何?。結果は道路封鎖で参加者は誰も来ず、館長と話をして、昼飯食べて旭川まで戻った。という珍な体験。

⚪︎月⚪︎日 昨年、札幌円山動物園でグランドシマウマ、マサイキリン、マレーグマが続いて死んだ。聞いて呆れたのは、ここ専任の獣医が居なかったこと。何やらやる気のある司書を置かず知の拠点たる図書館を、単に営利目的の企業に外部委託する図書館の行末を見たような気分にさせられた。

 

司書独言(168)

⚪️月⚪️日 ロシアがチェチェンに侵略し破壊と殺戮の限りを尽くす。両親を殺されたショックで、話すことが出来なくなった少年は、赤ん坊を抱き村を出る。少年に声は戻るのか?...の「あの日の声を探して」を観た。戦争への怒りを描いて文句ナシの傑作。全編グルジアでのロケと言う。グルジアと言えば、放浪の画家ピロスマニと宮廷詩人ルスタヴェリの事を「本の話」で書いたのは1993年の12月。この二人を知ったのはそれより20年近くも前だ。映画を観た後、元気なうちにグルジアを訪れたいと思い、旅行会社に行った。 続きを読む 司書独言(168)

司書独言(164)

2015.8.寄稿

⚪️月⚪️日 TVの「たかじん」に出ていた、髭の村田晃嗣がいつの間にか同志社大学の学長になっていて、同志社も堕落したもんだと思っていたら、この軽薄才子、今度は与党から国会に招ばれ、期待通りに戦争法案支持と出た。困ったもんだと呆れていたら8月中旬、同志社大学からこのおべっか使いに対して、「良心教育を基軸とした大学のイメージを大きく損なう。心から恥ずかしい」との批判の声明が出た。同志社大学は知性と良心を失っていなかったと安心した。

⚪️月⚪️日 栃木県の地元紙・下野(しもつけ)新聞が15日、市民2600人超の「安保法制は違憲です!」との意見広告を載せた由。7月にこの法案が強制採決された時、同紙は17日に「審判に堪える責務果たせ」との論を張った。この日、地方紙は「北海道新聞から」「沖縄タイムス」までズラリと批判の結束を示して壮観だった。さて、8月に入って我が地元紙「室蘭民報」にも連日、「戦争は断じて否」と語る年寄りの戦争体験談が載った。特攻機に乗る筈、魚雷に乗る筈、と体験は異なれど、戦争が良いとは誰も言わぬ。かくして9万人の市民の中に戦争好きがいるとはとても思えないが、室蘭民報は、この「下野新聞」の動きをどう見るのかしらん。誰ぞ....!!

⚪️月⚪️日 東芝をダメにした歴代3社長の役員報酬は全員1億円超であると。私が仲人したNは室工大電子をトップで出て東芝に入社となったが、時ならずして「こんな会社にいられない」と退社して専門学校の教師になり今に至っている「こんな会社」とは「どんな会社?」と訊きははしなかったが、つまりは「こんな会社」だった訳で、今度会ったらNの明察を褒めてやろう。もう一人東芝勤めが知り合いにいるが、彼は「ボーナスも一応でたし、まあ物は考えようですから」と。これ。佐高信は言う「社畜」の従順さという物ではなかろうかね。

⚪️月⚪️日 「戦争法案」に対して歴代5首相が苦言を呈した、と記事が出て、我が室蘭が誇る鳩山由起夫元総理は?と読めば「アメリカに媚びを売るような形で集団的自衛権の行使をすることは反対です。それはアメリカの認めた戦争に唯々諾々と参加せざるを得なくなることが明らかだからです」とある。

⚪️月⚪️日 億万長者の同士は時々測量山のライトアップに、その資産からすれば滴にもならぬような一滴で「日本が平和でありますように」と訴えていて、その姿勢はまあ一貫している。一方弟の邦夫の方はナニヤラ研修会で「安部政権が当分続くことが日本のためだ」と発言。室蘭のためには兄の方を良しとするか。

⚪️月⚪️日 鶴瓶が樹木希林との対談で「9条譲ったらあかん」「へんな解釈だめ」と発言した.エライなあ。たけしは先日某紙で、又例の調子で「年寄りはもっと不良にならなきゃダメだ」とぶっていたが、体制に対して異をとなえず、ただ不良になるだけならそれはチンピラということだ。鶴瓶方が余程ドスが効いている。

⚪️月⚪️日 戦時中、山本五十六長官の戦死が発表された昭和18年の夏場所で、青葉山と竜王山が2度水入りの熱戦でも勝負がつかず引き分けとなったら、「軍神」去る日にナンタル敢闘精神の欠如!と、2人共出場停止となったと。言いだしっぺの面が見たい。

⚪️月⚪️日 新国立競技場見直し云々で正道に戻ったかと思いきや、その五輪担当相に建設業界から5,500万の資金提供!なる記事が出た.この人物で大丈夫かな??と思っていたら、名は知らぬがスポーツ評論家,京大中退だかの白髪・白髭の落ち目のバリトン歌手みたいな声を出す男が、「大臣と話しあったが、あの方はスポーツに造詣が深い」と持ち上げている.この後に及んでこのベンチャラ。だいじょうぶかな!?

⚪️月⚪️日 この人,モルエでの「ふくろう文庫」展に必ず現れる人で、今回初めて向こうから話かけて来て、「道新の全道版で知って来た。毎回いい物を見せてもらって感謝しているし、又この運動を尊敬している」と言ってくれた。

⚪️月⚪️日 もう一人の札幌の人は、「東京にも観に行くが、掛軸・絵巻展示は皆照明を落として暗いガラス戸の向こう側にあり,更に人混みで見た気がしない.それがここではビニールの上に顔をくっつけるようにして観れるし,人にも追ったてられない、ありがたいですよ。」と言っていた。この人も毎回来てくれる由。最終日には先山明子・元室蘭労基署長も来てくれた。紙幅足りず名前は挙げないが、手伝った人皆に只々感謝!!