山下敏明さんのあんな本、こんな本

Archive for the ‘司書独言’ Category

司書独言(104)

`10.4.寄稿 ○月○日  昨年暮れ、鹿児島の阿久根市の竹原信一なる市長が経営者相手の講演会で、障害者に触れ、「社会は木を育てるようにしなければ〜」と延べ、更に社会を作るには、「壊死した足は切り取らないと〜全体が死ぬ」 […]

Continue Reading...

司書独言(105)美術館をめぐる

2010.05.寄稿 ○月○日  ゴールデン・ウィークの混雑を避けて連休明けの旅行を計画し、さて出発と言う時に、我妻さんの94才なる母親にそろそろお迎えが来たようだ、との知らせが届いて、旅行を全部キャンセル、急いで上京し […]

Continue Reading...

司書独言(106)

Continue Reading...

司書独言(108)

`10.8月寄稿 ○月○日 我が庭でアジサイが花盛りだ。3種類ある。「墨田の花火」などといい名だが、無論品種改良でつけられた名だ。花の色が変化するから、七変化と言われ、化花(ばけばな)幽霊花(ゆうれいばな)などとも呼ばれ […]

Continue Reading...

司書独言(109)

`10.9月寄稿 ○月○日 イラク侵攻の決断は「後悔出来ない」とて参戦を正当化する回顧録を、ブレア元英国首相が出版した、とのニュースを聞いて、その鉄面皮ぶりに呆れたが、その発売記念のサイン会をやるというのに二重に呆れた。 […]

Continue Reading...